OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/208653/

テレワークでお腹ぽっこり!?は「110度座り」と「タオルストレッチ」で解消!

「新しい生活様式」を明るく前向きに送るための、読んでトクする新連載! 第2回は、みんなが気になるコロナ太り対策です

おうちにいる時間、増えましたね! 外出自粛やテレワークで在宅時間が増え、それとともに「座っている時間」がぐっと増えたという人も多いはず。

 

産婦人科医の対馬ルリ子さんが代表を務める「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」の調査では、在宅時間が増えたと感じている人は約8割。

またその結果、

 

◆「運動量が減った」人は74.7%

◆「食事量や間食が増えた」人は54%

◆「在宅時間が増えたことで太った」と感じている人が55.9%

そして

◆特に「お腹が太った」と感じている人はなんと87.9%!!!

 

 

外出自粛や在宅勤務のために運動量は減っているのに食事量は変わらない…どころか、ついつい食べ過ぎてしまう。そんな生活が続けば、内臓脂肪が増えてしまうのも当然です。

 

また、運動不足の生活が長期化することで筋肉量が低下すると、さらに内臓脂肪がつきやすく「お腹ぽっこり」が助長されることに!

 

そこで整形外科医でスポーツドクターでもある中村格子先生が、ポッコリ解消に効果的な「座り方」と、自宅で簡単にできる代謝アップトレーニングを教えてくれました。

中村格子さん(なかむら かくこ・Dr.KAKUKO スポーツクリニック院長)

 

 

お腹ポッコリ対策には「110度座り」!

 

座っている時間が長いだけに、どんな姿勢で座っているかは大問題。背中を丸めた悪い姿勢だと体の前側の筋肉がゆるむだけでなく、胸や内臓が圧迫されることで呼吸が浅くなり、代謝の低下にもつながります。

 

中村先生のおすすめは、座ったときに股関節の角度が90度ではなく「110度」程度になる座り方。

 

ひざが太もものつけ根より10cmくらい下にくるように座り、股関節の角度を110度程度にします。両足は床につけ、両ひざの間はこぶしひとつ分開けて。

こうすることで脊椎がゆがまず、骨盤の上にまっすぐ腰椎が乗るため、体への負担がかかりにくいといいます。

 

 

 

また、この座り方だと胸郭周辺が立って開きやすくなるので深い呼吸ができ、結果、体幹が鍛えられて「ぽっこりお腹解」解消につながるだけでなく、代謝も上がって太りにくくなるのだとか。

 

 

かんたん「タオルストレッチ」で家トレ!

 

さらに中村先生考案、家にあるフェイスタオルを使ったこんな簡単エクササイズもご紹介。

左)足を肩幅に開いて立ち、タオルを両手で肩幅に持って上に上げます。 右)次にゆっくりと息を吐きながら上半身を横に倒します。体が温まるまで行いましょう

 

 

左)両足を前後広めに開いて立ち、背中で縦にタオルを持ちます。 右)そのまま両膝を曲げて沈み込み、また戻るという動作を5~10回繰り返します。 膝がつま先より前に出たり、左右に傾いたり、猫背にならないように注意

 

 

もちろん、毎日の適度な運動に加えて、食事の見直しも大切。中村先生のおすすめは、茶カテキンを含んだ飲料の活用です。

 

茶カテキンは脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高めるので、継続的に摂取すると脂肪を代謝する力を高めて内臓脂肪を減らすのを助けてくれるといいます。運動をしていない安静時でも脂肪の代謝をアップしてくれるというから、まさに在宅時間が長い今にはうってつけ。

 

中村先生おすすめの在宅時間の過ごし方、あなたもぜひ今日から取り入れてみては?

 

<関連記事>

おこもり生活でじわじわお腹まわりが……。内臓脂肪を見える化できたら?


 

 

◆資料提供/ウーマンウェルネス研究会

公式サイト「WELL-LAB(ウェルラボ)

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/手指の消毒&保湿に。悩みに応えるハンドスプレー見つけました!…

次の記事>

次の記事>
第3回/テレワークで酷使!疲れ目を防ぐ「モニターの見方」とは?…

この連載の最新記事

コロナ禍で約6割の人がよく眠れていない⁉免疫力アップを目指す良い睡眠の取り方とは?

第36回/コロナ禍で約6割の人がよく眠れていない⁉免疫力アップを目指す良い睡眠の取り方とは?

【チェックリスト付き】コロナ禍の負担は目にも!?「涙液トラブル」を防ごう

第35回/【チェックリスト付き】コロナ禍の負担は目にも!?「涙液トラブル」を防ごう

「骨貯金」で老化予防!今すぐ始められる3つの習慣!そしがや大蔵クリニック院長に聞く

第34回/「骨貯金」で老化予防!今すぐ始められる3つの習慣!そしがや大蔵クリニック院長に聞く

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル