OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/225008/

矢切の渡しならぬ輪切りの私、CT検査受けてきました/50代。乳がんサバイバーになりました。

hijiri

hijiri

おでかけ女史組メンバー。都内在住の50代。2019年5月に乳がんと診断される。10月までに3回にわたる手術を経て、2020年1月に放射線治療が終了。ホルモン治療を受けながら仕事を続けている。今後は年に一度の検査をこなしながら経過観察。

記事一覧を見る

放射線治療が終わってから、早いもので9ヶ月が経ちました。とりあえず今のところ、日常生活には支障なく過ごせています。むしろ周囲には、サバイバーであることをほぼ忘れられている気が…。まあきっとよいことなのだろうと思うようにしていますが、妙にたくましいイメージがついたような気がしなくもありません(しゅん)

 

とはいえ、現実はしっかりサバイバーです。毎日のホルモン剤だけでなく、再発していないかの定期的な検査は必要です。というわけで先月CT検査を受けてきました。

 

レントゲンとCT検査とMRI検査の違い

 

正直なところ、乳がんになって頻繁に病院へ行くようになるまで、レントゲンもCTもMRIも一緒くたに、なにか科学的な技術で体の中を調べるんだよね、くらいの意識しかありませんでした。
でも、よく考えると機械の様子も違うし、やってることも微妙に違う気がする。

 

というわけで、改めて久しぶりになぜなぜ星人発動です。

 

レントゲンとは

X線(エックス線)を体にあてて撮影する検査です。空間は黒く、骨は白く見え、何か腫瘍などができていると白く影が写ります。
基本は立って行い、体の前後からの画像になります。

 

CT検査とは

X線を使うのはレントゲンと同じですが、こちらは身体の断面を撮影する検査です。 特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、効果的に画像を撮影できるそうです。
大きな輪の中に身体を入れるようにして、寝た姿勢で撮影します。コンピュータ断層撮影ともいうそうです。ちょっと異次元への入り口みたい?

hijiriさん ブラックホール

 

MRI検査とは

MRI検査とは、強い磁石と電波を用いて体内の状態を画像にする検査です。体内の水素原子を磁場と電波の力でゆさぶり、原子の状態を画像にします。特に脳や脊椎、四肢などの伝達系の臓器の病気には効果が高いそうです。CTと同じく寝転ぶ姿勢で撮影しますが、ドーム型をした機械を使用するので、向きにも寄りますが閉所恐怖症の方だとちょっと辛い?

 

こうやって並べてみると、確かに違いますね…

 

CT検査と傷痕チェック

 

というわけでCT検査を受けてきました。
白き巨大なドーナツの前で横になると、ベッドが機械に吸い込まれていきます。前後が抜けているので特に怖いとかはありませんが、うん、これってなんとなくマジシャンの胴切りみたいじゃない?
急にぎゅーんと穴が狭くなったりしないよね?

hijiriさん マジシャン

 

時間も15分ほど。うとうとする間もありません(笑)

 

検査結果は一週間ほどででます(早い)
結果、特に白い影もなく、今のところ心配なほぼなし!来月また超音波検査を受けて何もなければ、また一年ほど無罪放免になれます。

 

そういえば、CT検査って結構広い範囲を撮影するんですよね。結果を聞いているときに、前からある子宮筋腫の影について言及されたのはともかく(ああ、こちらもよい婦人科を探さねば!)、盲腸にたぶん古い便とか固まりが見えますねえ、と言われたときは想定していなかったのでびっくり。痛みも炎症もないので開腹できるわけもなく、うーんどうしろというのでしょう…

 

ピリピリは若い証拠?!

 

そういえば、ここ数ヶ月、センチネルリンパ節生検の際に、リンパ節転移の有無を調べるために切った左の脇(リンパ腺)のあたりがしょっ中ピリピリするので尋ねたところ、これは神経がつながる際のおしるしなのだそうです。
傷が治ってくる段階でまず神経がくっつくらしいのですが、その際に軽い痛みや痒みがでるのだそうです。つまり、傷が治ってきてるよ、ということ。

 

半年もかかるんですねえ、といったら、半年はすごく早いですよ、と。普通は数年かかるんだそうです。
またもや「治りだけは30代!」を地でいっていたらしい私。
うむ、これが肌のハリとかになぜ適応されないんだ…(涙)

 

雨の日なんかに、もう治ったと思っていた傷が疼いたりすることありますよね。実はあれも同じことのよう。
怪我も表面は治ったと思っても、意外と長引くものなのかもしれません。みなさまも古傷が疼くようなら、体が頑張っている証拠なのでどうぞご自愛くださいね。

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第28回/乳房再建について正しい情報を知ろう/50代。乳がんサバイバーになりました。…

次の記事>

次の記事>
第30回/結果はお墨付き!元気のためのサバイバル術/50代。乳がんサバイバーになりました。…

この連載の最新記事

子宮体がんの検査のためにMRIを受けてきました/50代。乳がんサバイバーになりました。

第35回/子宮体がんの検査のためにMRIを受けてきました/50代。乳がんサバイバーになりました。

婦人科検診で引っ掛かった!/50代。乳がんサバイバーになりました。

第34回/婦人科検診で引っ掛かった!/50代。乳がんサバイバーになりました。

海外生活が教えてくれたこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

第33回/海外生活が教えてくれたこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル