OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/228965/

森山良子さんインタビュー/歌は肺活にも精神衛生にもおすすめです

いつまでも変わらない美声と聞かれて思い浮かぶ、透き通った心地よい高音ボイスが魅力の森山良子さんですが、40代後半から50代にかけ急に声が低くなった、かすれてきた…といった声の老化を感じたそう。その時になさった対策をお伺いしました。

 

 

定期的なボイストレーニングと

寝るときもマスクでのどの潤いをキープ!

 

いつまでも変わらない美声、といえば、透き通った心地よい高音ボイスが魅力の森山良子さんです。

 

 

 

 

衣装/本人私物

 

森山良子さん(歌手) Ryoko Moriyama

1948年生まれ。1967年「この広い野原いっぱい」でデビュー。その後、「禁じられた恋」「さとうきび畑」「涙そうそう」など数々のヒット曲が。

 

 

「声を出すのが仕事ですから、ボイストレーニングは欠かせません。先生は私が14歳の頃からのおつき合い。

 

新型コロナウイルスのステイホーム中はお休みしましたが、今も同じ先生にレッスンを受けています。

 

先日、再開して、久々に先生の前で声を出せたことがとてもうれしかった」

 

 

そう言って、発声練習さながらに「ホー、ホー」と、美しい声を披露してくれました。奥行きのある森山さんの声が響き、空間を温かく包みます。一般人の私たちにとっては、あまりなじみのない発声法のよう。

 

 

「そうね。のどから胃のあたりまでに、太い筒が通っていると思ってみてください。

 

息を吸うときも、吐きながら声を出すときも、その筒を同じ太さに保ちます。

 

そして頭のてっぺんから声を出すイメージですね。

 

腹式呼吸はお腹をふくらませますけど、それだけじゃなく、背中にも息を吸い込むイメージが大切なんです」

 

 

実際に、森山さんが息を吸うところを見ていると、肺の背中側もかすかに動いているのがわかります。

 

 

犬の全身呼吸は「肺活」エクササイズに最適!

 

「あるとき、友人の愛犬が散歩から帰ってきたら、ハーッハーッと全身の筋肉を使って呼吸をしていたんですね。

 

それを見たとき、動物ってすごい、と。自然に、全身の筋肉を使って呼吸しているの。

 

あれが“肺活”にいいんですよ(笑)」

 

 

こうした呼吸法と声帯の使い方が身についていると、のどに負担がかからないのだといいます。

 

 

「歌なら、2時間のコンサートも楽に歌い続けられます。

 

おしゃべりだと疲れちゃいますけどね(笑)」

 

 

2時間も歌い続けられる強いのど、美声を長年保っている森山さんの“肺活”、ぜひ知りたいです!

 

 

「のどはやっぱり保湿が大切なので、新型コロナウイルスの感染拡大以前から、外出時や寝るときには必ずマスクをしています。

 

首と背中を冷やさないことも大切なのでストールも必需品ね。

 

そして、しっかり睡眠をとること」

 

 

のどにいい飲み物なんてありますか? という質問には、くすっと笑って

 

「芋焼酎?(笑)」。

 

 

「ライブの前を除いて、毎晩、“酒活”は欠かせません(笑)。

 

声にいいこと、とは別ですけど。

 

やりたいこと、楽しいことはやらないとね!」

 

 

人と会うことが少なくなり、声を出す機会が減っているときだからこそ、声を出すこと、特に歌うことをおすすめしたい、と森山さん。

ステイホームの時期も、森山さんはラジオの生放送に変わらず出演していました。

 

 

「普段はミュージシャンを招いて一緒に演奏していたんですが、あの時期は一人でギターの弾き語りをしていましたね。

 

歌を歌うと、いっぱい息を吸っていっぱい息を吐きますよね。

 

これが精神衛生上、とってもいいんです。

 

落ち込んだときも、歌っているうちに、心が軽くなることってありませんか?

 

声を出すことで、胸にたまったマイナスなものも、一緒に吐き出されるのかもしれませんね」

 

 

 

私のしているコト

コロナ以前からのどの保湿のためにマスクは必需品

 

のどの保湿のために、以前から外出時や寝るときにはマスクをしていたという森山さん。

 

「ステイホームのときにたくさん手作りしたのですが、みんな人に差し上げてしまって。これは友人からのプレゼント。刺繡がかわいいでしょ?」

 

 

コンサートも再開!あの歌声がまたホールに響きます

「また皆さんの前で歌えることが、うれしくてたまりません」と満面の笑顔。

森山良子コンサートツアー  2021年1月15日(金)Bunkamura オーチャードホール(東京)

1月29日(金)大和市文化創造拠点シリウス メインホール(神奈川)

今後のスケジュールは、ホームページのコンサート案内からご確認ください。

 

 

 

撮影/玉置順子(t.cube) ヘア&メイク/小野明美 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/真矢ミキさんインタビュー[後編]/首や肩、鎖骨まわりの筋肉をこまめにほぐしています…

次の記事>

次の記事>
第4回/大下容子さん(アナウンサー)インタビュー/新聞を声に出して読むのが日課です…

この連載の最新記事

大下容子さん(アナウンサー)インタビュー/新聞を声に出して読むのが日課です

第4回/大下容子さん(アナウンサー)インタビュー/新聞を声に出して読むのが日課です

森山良子さんインタビュー/歌は肺活にも精神衛生にもおすすめです

第3回/森山良子さんインタビュー/歌は肺活にも精神衛生にもおすすめです

真矢ミキさんインタビュー[後編]/首や肩、鎖骨まわりの筋肉をこまめにほぐしています

第2回/真矢ミキさんインタビュー[後編]/首や肩、鎖骨まわりの筋肉をこまめにほぐしています

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル