OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/229699/

のどを潤すための唾液量アップ作戦!/大谷義夫先生の「のどトレ」Step1

年齢とともに肌や髪がパサついてくるように、口やのども徐々に潤いが失われてきます。これが、嚥下機能や免疫力が低下する大きな原因に。唾液量を増やして潤いのあるのどに!

 

教えてくださるのは

大谷義夫さん
Yoshio Otani

呼吸器内科医。池袋大谷クリニック院長。東京医科歯科大学呼吸器内科医局長などを経て、2009年より現職。呼吸器内科のスペシャリストとしてメディアでも活躍

 

 

唾液腺マッサージ

 

唾液腺には、耳下腺、顎下腺(がっかせん)、舌下腺があります。その3カ所を、両手の四指や親指の腹で心地よく刺激。下でご紹介する順番で行うと、唾液がジュワーッと出てくるのがわかるはず。口やのどのまわりの筋肉をほぐす効果も。それぞれ10回ほど繰り返します。

 

指をそろえて左右の耳下腺を刺激

 

耳の手前に3~4本の指をそろえて置き、左右同時に前に向かって数回優しくなでます

 

親指の腹で顎下腺をプッシュ

 

耳の下からあご先まで、少しずつ位置を変えながら3~4カ所を、両手の親指で上方向にゆっくり押し上げます

 

舌下腺をゆっくり押し上げて!

 

あごの先端の内側のくぼみが舌下腺。ここを両手の親指をそろえて、押し上げます。のどを押さないように注意

 

 

食材で潤いキープ

 

のどの乾燥には、水をこまめに飲むことが何よりです。また、口やのどを潤す効果のある食材を味方につける手も。梅干しやレモンなど、酸味の強い食材は唾液の分泌を促してくれます。ガムを嚙んだり、のど飴をなめることも、のどの乾燥を防ぐのに効果的。

 

 

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) スタイリスト/程野祐子 イラスト/macco 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/潤す、飲み込む、吐き出す、「のどトレ」で鍛えるべき3つのポイントとは?…

次の記事>

次の記事>
第5回/飲み込む力を高めるためののどまわりの筋トレ/大谷義夫先生の「のどトレ」Step2…

この連載の最新記事

おしゃべり、音読はのど活の要!/大谷義夫先生の<即、実践できる「のど活」10カ条③>

第9回/おしゃべり、音読はのど活の要!/大谷義夫先生の<即、実践できる「のど活」10カ条③>

日光浴でビタミンDを合成し、感染症のリスクを減らそう!/大谷義夫先生の<即、実践できる「のど活」10カ条②>

第8回/日光浴でビタミンDを合成し、感染症のリスクを減らそう!/大谷義夫先生の<即、実践できる「のど活」10カ条②>

まずはこれから!葉酸、はちみつなどを摂る/大谷義夫先生の<即、実践できる「のど活」10カ条①>

第7回/まずはこれから!葉酸、はちみつなどを摂る/大谷義夫先生の<即、実践できる「のど活」10カ条①>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル