OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/235108/

認知症になったら薬は飲まないといけないの?/「もしや認知症?」と思ったときのQ&A②

医師で群馬大学名誉教授の山口晴保先生に、認知症治療で処方される薬は必ず飲まないといけないのか。納得のいく治療方法を選ぶために、セカンドオピニオンを活用した方が良いのかお伺いしました。

 

教えてくれた人

山口晴保さん 医師、群馬大学名誉教授、認知症介護研究・研修東京センター長、日本認知症学会名誉会員

山口晴保さん
Haruyasu Yamaguchi

医師、群馬大学名誉教授、認知症介護研究・研修東京センター長、日本認知症学会名誉会員。脳βアミロイド沈着機序をテーマに30年にわたり病理研究を続け、その後、臨床研究に転向。より実践的な認知症医療・ケアに取り組んでいる。著書多数

 

Q 薬は必ず飲まないといけないの? A 飲まない選択肢は十分にあります。

「薬を飲む、飲まないは、本人が納得して決めることが大切です」と山口晴保先生。薬を飲む目的は“笑顔で過ごせる生活を少しでも長くすること”ですが、85歳以上の高齢になると、薬の効果が減り、副作用が増えるといわれています。

 

「例えば、90歳だったら、進行を遅らせる薬よりも、楽しい作業を増やしたり、軽い運動で記憶を司る脳の海馬を活性化するほうがよいでしょう。超高齢者では薬に頼らないという選択肢は十分あります」

 

Q セカンドオピニオンは必要ですか? A 心配なら必要です。医師と治療方針に納得することが重要。

よさそうな医療機関が見つかったら、ホームページで情報を得て、実際に受診してみましょう。

 

基本的には治療ガイドラインに沿って治療計画が立てられますが、医師によって考え方が違う場合があります。

 

納得できない場合は、1カ所で決めずに複数の医師の意見を聞いてもよいでしょう。

 

「何より重要なのは、医師との相性と治療方針に納得できるかどうか。話しやすいこと、信頼できると思える医師であることが大切です」

 

 

写真/高橋ヨーコ 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第9回/認知症の病院って、どう選べばいいの?/「もしや認知症?」と思ったときのQ&A①…

次の記事>

次の記事>
第11回/公的な介護保険って何ができるの?/「もしや認知症?」と思ったときのQ&A③…

この連載の最新記事

認知症の相談窓口や働く後押しも!宮城「おれんじドア」・町田市「DAYS BLG!」・町田市 × スターバックスの「Dカフェ」/認知症とともに生きる取り組み④

第18回/認知症の相談窓口や働く後押しも!宮城「おれんじドア」・町田市「DAYS BLG!」・町田市 × スターバックスの「Dカフェ」/認知症とともに生きる取り組み④

専門家も参加する認知症カフェ「SHIGETAハウスプロジェクト」/認知症とともに生きる取り組み③

第17回/専門家も参加する認知症カフェ「SHIGETAハウスプロジェクト」/認知症とともに生きる取り組み③

安心して認知症になれる社会を目指す「認知症未来共創ハブ」/認知症とともに生きる取り組み②

第16回/安心して認知症になれる社会を目指す「認知症未来共創ハブ」/認知症とともに生きる取り組み②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル