OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/238614/

間違った「眼活」してませんか? 40代は目の健康の曲がり角!

あさこ

あさこ

ワインと日本酒をこよなく愛す…がゆえに代謝の急低下とともに体重急増。これをいかに食い止めるかが目下の最重要課題です(泣)。
心のよりどころは40代後半から始めたゴルフと甘えん坊盛りの2匹のハチワレ(黒白)猫!

記事一覧を見る

なんだか目が疲れやすくなった。

遠くから近くに視線を移すとピントがすぐに合わない。

 

老眼や疲れ目、目の乾き…40歳を過ぎた頃から、いろいろな目の不調が現れてきます。40代は、まさに「目の健康の曲がり角」!

 

「例えば、緑内障は40歳を過ぎると20人にひとりが罹患するという報告がありますし、黄斑前膜や加齢黄斑変性といった眼底の病気も50歳頃から出はじめます」というのは、眼科医で板谷アイクリニック銀座院長の板谷正紀先生です。

 

しかも、目の病気は初期段階では自覚症状があまりないので、気づいたときにはかなり進行していた…というケースも少なくないといいます。加齢に加えて、一日中スマホやパソコンを見ていることで、知らず知らずのうちに目は酷使されているのです。

 

 

あなたは正しく知っていますか?「目の健康にいい生活術

 

でも、逆に言えば、目の老化を進めるのは加齢だけでなく、間違った生活の仕方でもあるということ。「見えにくい…」と感じたら、深刻なトラブルになる前に、目を守る“眼活”を始めましょう。

 

目の健康のために100%カットすべきは紫外線?それともブルーライト?

 

眼活その1:100%カットすべきはブルーライトよりも紫外線!

 

「ブルーライトの悪影響が取りざたされていますが、強さでは紫外線のほうが格段に上で、白内障や加齢黄斑変性などの病気の原因にもなります。目を守るためには、紫外線はサングラスなどで100%カットするのがベストです」と、二本松眼科病院副院長の平松 類先生。

 

「一方のブルーライトは、ディスプレイだけでなく、太陽光やLED、白熱電球などにも含まれていて完全にカットするのは無理。しかも、人の一日の体内リズムを整える重要な役割も果たしています」

 

 

眼活その2:目の乾燥を防ぐ「目薬」は、長期使用と成分に注意!

目薬を使うなら防腐剤無添加の目に優しいものを

眼の使い過ぎや加齢のせいで、目の乾燥も年々深刻に。

「涙の量が減ったり質が低下すると、風や光などの刺激で簡単に眼球に傷がついてしまいます。それを防ぐために目薬を使うのは有効ですが、使用するなら防腐剤無添加のものを。疲れ目解消にはシアノコバラミンというビタミンが含まれているものがいいでしょう」(平松先生)

 

充血止めや抗菌剤を含む目薬の長期使用はNG。目薬に頼りすぎず、スマホやパソコンの使用時間を減らしたり、目のまわりの血行を促進するなどの習慣で目の乾燥を防ぐ工夫を!

 

 

 

発売中のMyAge 春号の記事、「目の健康のために今日からできること」では、このほかにもぜひ知っておきたい“目を守る知恵”のあれこれをリストアップ! VDT症候群や黄斑前膜など、これまであまり知られていなかった大人の目の病気についても詳しくご紹介しています。

 

MyAge 春号の詳しい内容と試し読みはこちらでぜひチェックを!

 

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号及びバックナンバーの最古が書店にない場合は、こちらのネット書店でお求めください。

 

 

イラスト/macco  取材・構成/山村浩子

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル