OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/247138/

要注意!中途失明の原因になる「加齢黄斑変性」とは?/目の病気⑥

前回の、大人の目に起こりがち「黄斑前(上)膜」とは?/目の病気⑤とおなじ黄斑部で起こる病気ですが、失明することもある「加齢黄斑変性」について、眼科医の板谷正紀先生にお話を伺いました。

 

お話を伺ったのは

板谷正紀さん 眼科医、医学博士

板谷正紀さん
Masanori Hangai

眼科医、医学博士。医療法人クラルス理事長、板谷アイクリニック銀座院長。硝子体手術と緑内障手術のエキスパート。

 

加齢黄斑変性
物が歪んで見え、失明することもある病気

網膜の中でも、視力を司る重要な働きをしているのが黄斑部です。ここが加齢などにより変性するのが、加齢黄斑変性です。欧米ではつねに中途失明の原因の上位で、日本でも近年増加しています。

 

「黄斑部は光が集まる部分で酸素を大量に消費しています。そのためつねに高い酸化ストレスにさらされていて、その害から目を守っているのが、網膜の土台である網膜色素上皮細胞と脈絡膜の毛細血管です。この土台が加齢により弱り、黄斑が傷つくのが加齢黄斑変性で、物が歪んで見えたり、視野の真ん中が見えなくなるのがおもな症状です」

 

黄斑を傷つけるメカニズムには、本来存在しない血管が発生する「滲出型」と、網膜色素上皮細胞やその周辺組織が傷む「萎縮型」のふたつのタイプがあると板谷正紀先生。

 

「滲出型は症状が急に進むのが特徴で、最近は薬(抗VEGF薬)などでコントロールできるようになりました。一方、萎縮型はゆっくり視細胞が失われていき、まだ有効な治療法がありません。生活習慣の改善、抗酸化サプリメントなどの予防的治療で進行スピードを抑えていきます」

加齢黄斑変性イメージイラスト

 

 

正常な黄斑部

正常な黄斑部

網膜の土台を支えているのが網膜色素上皮細胞。その下に毛細血管が走り、網膜に酸素や栄養を供給しています。

 

滲出型の加齢黄斑変性

滲出(しんしゅつ)型の加齢黄斑変性

脈絡膜の毛細血管から、本来ない新生血管が増殖して、これが出血や滲出することで起こります。

 

委縮型の加齢黄斑変性

委縮型の加齢黄斑変性

網膜色素上皮細胞や周辺の組織が委縮し、10~20年かけて徐々に黄斑部の視細胞が死滅していきます。

 

 

加齢黄斑変性に関係する部位

硝子体(しょうしたい)

眼球内を満たす透明なゼリー状の物質で、眼球の形を保ち、入ってくる光を通す役割が。

 

網膜(もうまく)

眼底に広がる薄い膜で、光や色を感じ取る神経細胞が集まっています。

 

黄斑部(おうはんぶ)

網膜の中心にある視細胞が集中している部分で、物を見るピントを合わせるところ。

 

中心窩(ちゅうしんか)

黄斑部の中心にあるくぼみ部分で、最も高精度な視覚があります。

 

硝子体、網膜、黄斑部、中心窩のほか、代表的な目の病気に関係する部位の説明は、あなたの症状はどれ? 40歳を過ぎたら注意すべき目の病気は?/ 目の病気①をご参照ください。

 

 

イラスト/いいあい<イメージ> コタケマイ<解剖図> 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/大人の目に起こりがち「黄斑前(上)膜」とは?/目の病気⑤…

次の記事>

次の記事>
第7回/「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦…

この連載の最新記事

話題の「目のスーパードック」とは? 50代読者が検査を受けてみたら

第9回/話題の「目のスーパードック」とは? 50代読者が検査を受けてみたら

放置すると失明の危険がある「緑内障」ってどんな病気?/目の病気⑧

第8回/放置すると失明の危険がある「緑内障」ってどんな病気?/目の病気⑧

「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦

第7回/「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル