OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/255947/

健康診断の結果<腎機能・血糖・貧血検査>の見方は?/健康診断の真実③

健康診断や人間ドックを、ただ「なんとなく」受けていませんか? 腎機能・血糖・貧血検査の目的を理解し、生活改善の必要があるなら行動に移し、健康維持に役立てましょう。

 

健康診断の結果<肥満度・血圧・脂質代謝・肝機能>の見方は、健康診断の真実②で紹介しています。

 

お話を伺ったのは

大竹真一郎さん 消化器専門医

大竹真一郎さん
Shinichiro Otake

おおたけ消化器内科クリニック院長、消化器専門医。高校中退から医師を目指すという異例の経歴を持つ。歯に衣着せぬ発言で、テレビやメディアでも活躍。著書多数

 

健康診断表

↑ 日本人間ドック学会・検査表の見方(2018年4月改訂版)より。赤血球数とヘマトクリット値は全国健康保険協会より

 

腎機能の検査

腎臓のろ過機能の低下を測定

血液検査でわかるクレアチニン値は、筋肉中のタンパク質が分解されてできる老廃物。腎臓の機能が低下すると増えます。また、その値をもとに算出されるのがeGFR(推算糸球体ろ過量)で、腎臓の糸球体のろ過機能を示します。

 

尿酸値が高い状態が続くと、結晶化した尿酸が関節にたまり、痛風発作を起こします。尿検査による尿蛋白と併せて、腎臓の機能低下を判断します。

 

血糖の検査

糖尿病のリスクを調べます

血液の「糖代謝検査」で空腹時の血糖値を測定。血液中のブドウ糖濃度である血糖値が上がるとすい臓からインスリンが分泌され、血糖値を一定範囲に調節します。インスリンが不足して、慢性的に濃度が高まった状態になるのが糖尿病です。

血糖の検査

「血糖値は食後に急上昇する場合もあり、これもリスク要因。空腹時の血糖値だけではわからないので、ヘモグロビン値も併せて判断します」(大竹真一郎先生)

 

 

貧血の検査

疲れやすい人、顔色が悪い人は注意!

赤血球数が基準範囲より低いと貧血が疑われます。ただ、貧血で最も多い鉄欠乏性貧血では、赤血球数が正常な場合もあるため、血色素量(ヘモグロビン)とヘマトクリットの数値も併せて判断します。

 

ヘモグロビンは赤血球中の成分で、全身に酸素を運ぶ働きが。ヘマトクリットは血液中に含まれる赤血球の割合を示します。この3つの数値から貧血のタイプの推測ができます。

 

 

イラスト/小迎裕美子 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/健康診断の結果の見方、正常値は?将来の病気リスクは?<血圧・脂質代謝・肝機能>/健康診断の真実②…

次の記事>

次の記事>
第4回/「5大がん検診」は受けて損のない検診。その理由は/健康診断の真実④…

この連載の最新記事

がん検診にPETは有用ですか?【健診&検診のQ&A】/健康診断の真実⑨

第9回/がん検診にPETは有用ですか?【健診&検診のQ&A】/健康診断の真実⑨

脳ドックや肺ドックは受けるべきなの?【健診&検診のQ&A】/健康診断の真実⑧

第8回/脳ドックや肺ドックは受けるべきなの?【健診&検診のQ&A】/健康診断の真実⑧

最近はじまった胃がんリスク検査「ABC検診」って何?【健診&検診のQ&A】/健康診断の真実⑦

第7回/最近はじまった胃がんリスク検査「ABC検診」って何?【健診&検診のQ&A】/健康診断の真実⑦

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル