HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/265107/

インプラント、ブリッジ、入れ歯のメリットとデメリットは?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

歯を失ったときの治療法「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」、それぞれの特質を歯科医師の堀 滋先生がお答えします。

 

虫歯

昔に治療した歯がダメになる…そんな悩みが急増する40~50代。虫歯の基礎知識、治療するときに注意したいこととは?

 

 インプラントvsブリッジvs入れ歯、どれがベスト?

 それぞれにメリットとデメリットがあります

歯を失ったときの治療法はおもに3つ。

 

「『インプラント』はあごの骨に人工歯根を埋め込み、人工歯をかぶせる治療。自分の歯と同じ感覚で嚙めて、違和感もほとんどありません。しかし、歯科医での定期的なメンテナンスが必須で、怠るとインプラント周囲炎になることが。

 

『ブリッジ』は両隣の歯に連結して人工歯を入れる方法で、デメリットは隣の歯を大きく削る必要があること。

 

『入れ歯』は取り外して掃除をする必要がありますが、保険適用から自費診療まで選択肢が広いのがメリット。それぞれの特質を理解して選ぶことが重要です」(堀滋先生)

3つの治療法は、入れたあとの快適さ、メンテナンスの方法、費用などに差があります。それらを含めて納得して決めることが大切です

3つの治療法は、入れたあとの快適さ、メンテナンスの方法、費用などに差があります。それらを含めて納得して決めることが大切です

 

 

治療法のメリット&デメリット

●インプラント

メリット

  • ・自分の歯と同じ感覚で嚙める
  • ・他の歯に負担がかからない
  • ・見た目が美しい
  • ・取り外して清掃する必要がない

 

デメリット

  • ・保健適用外(例外あり)
  • ・治療に少し時間がかかる
  • ・歯科医院でのケアが必要
  • ・対応できないケースがある

 

●ブリッジ

メリット

  • ・取り外して清掃する必要がない
  • ・比較的短期間で治療できる
  • ・健康保険を使った範囲内での治療もできる

 

デメリット

  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・両隣の歯に負担がかかる
  • ・隙間ができるので、汚れがたまりやすくなる

 

●入れ歯

メリット

  • ・合っていれば嚙めるようになる
  • ・保険治療から自費診療、素材などの選択肢が広い
  • ・自分でケアがしやすい

 

デメリット

  • ・食事のたびに外し清掃が必要
  • ・寝る前は外して保管する
  • ・素材により、食べ物の温度がわかりにくいことがある

 

 

お話を伺ったのは

堀 滋さん 歯科医師

堀 滋さん
Shigeru Hori

歯科医師。サウラデンタルクリニック院長。海外の最新治療を学び、全身の健康につながる医療を追求

 

イラスト/寺田久美 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

<前の記事

<前の記事
第2回/コロナ禍で歯科医を選ぶポイントは?/40~50代の口腔悩みに医師が回答…

次の記事>

次の記事>
第4回/あなたも歯周病? 14項目をチェック!/40~50代の口腔悩みに医師が回答…

この連載の最新記事

口腔内の健康にいい食材、悪い食材って?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第16回/口腔内の健康にいい食材、悪い食材って?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

あなたも「落ち舌」? チェック方法と対策の「waiwaiスマイル体操」とは/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第15回/あなたも「落ち舌」? チェック方法と対策の「waiwaiスマイル体操」とは/40~50代の口腔悩みに医師が回答

【口腔ケア】歯科医監修!毎日の歯磨きの基本を3ステップで紹介/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第14回/【口腔ケア】歯科医監修!毎日の歯磨きの基本を3ステップで紹介/40~50代の口腔悩みに医師が回答

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル