OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/265250/

あなたも歯周病? 14項目をチェック!/40~50代の口腔悩みに医師が回答

歯周病ってどんな病気? 虫歯と何が違うの? そんな疑問に歯科医師の若林健史先生がお答えします。

 

歯周病

歯周病は初期には自覚症状がないので、気づかないうちに進行していることも。歯を失わないためにも、今からの管理が重要です。

 

●歯周病チェック

  • 歯茎が時々赤く腫れる
  • 歯茎がむずむずとかゆい
  • 歯が浮いた感じがする
  • 冷たいものがしみる
  • 歯を磨くと歯茎から出血する
  • 下の前歯の裏側に歯石がついている
  • 朝起きたときに口の中がネバネバする
  • 歯茎を押すと血や膿(うみ)が出る
  • 口臭を指摘された。自分でも感じる
  • 「サ行」が発音しにくい
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい
  • 歯を押すとグラグラする
  • 歯茎が下がり、歯が長くなった
  • 以前と歯並びが変わった

 

チェックが、0~2個/健康、3~4個/歯周病の可能性あり、5個以上/歯周病の可能性大

 

 歯周病って虫歯とどう違うの?

 歯周病は歯茎の病気で歯を失う原因No.1です

「どちらも歯垢(プラーク)の中に潜む細菌が原因ですが、細菌の種類が違います。虫歯菌はおもに酸素を好む菌で、歯を溶かすように働くのに対し、歯周病菌の代表ジンジバリス菌は空気を嫌い、歯茎の隙間を好みます。そのため、歯茎に炎症を起こし、歯を支える骨を溶かして、やがて歯が抜けてしまいます」(若林健史先生)。

 

歯周病菌はキスなどで移り、20代で移されたものが、年月を経て50代で発症することも。

歯周病イメージイラスト

歯肉炎では歯茎から出血が。軽度の歯周炎では歯槽骨が破壊されはじめ、中等度では歯がグラグラしてきて、重度になると歯が抜けてしまいます

 

 

 歯周病になっているかどうしたらわかるのですか?

 歯茎から出血したら歯周病の始まりです

「歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称です。歯茎が腫れたり、歯を磨いていて血が出るのは歯肉炎の状態で、歯周病の初期段階。歯科医での検査では、針状の器具を使って歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の深さを調べ、4㎜以上だと歯周病と判断します」(若林健史先生)。

 

厚生労働省の調査では、30代以上の約70%が歯周病というほど、誰でも罹患している可能性がある病気。「初期段階で徹底したケアを行えば治るので、早期発見・早期治療が何より大切です」(若林健史先生)。

 

 

お話を伺ったのは

若林健史さん 歯科医師

若林健史さん
Kenji Wakabayashi

歯科医師、歯周病専門医。若林歯科医院院長、オーラルケアクリニック青山理事長。日本歯周病学会理事

 

 

イラスト/寺田久美 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/インプラント、ブリッジ、入れ歯のメリットとデメリットは?/40~50代の口腔悩みに医師が回答…

次の記事>

次の記事>
第5回/歯周病が口腔内だけでなく全身疾患につながるワケ/40~50代の口腔悩みに医師が回答…

この連載の最新記事

口腔内の健康にいい食材、悪い食材って?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第16回/口腔内の健康にいい食材、悪い食材って?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

あなたも「落ち舌」? チェック方法と対策の「waiwaiスマイル体操」とは/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第15回/あなたも「落ち舌」? チェック方法と対策の「waiwaiスマイル体操」とは/40~50代の口腔悩みに医師が回答

【口腔ケア】歯科医監修!毎日の歯磨きの基本を3ステップで紹介/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第14回/【口腔ケア】歯科医監修!毎日の歯磨きの基本を3ステップで紹介/40~50代の口腔悩みに医師が回答

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル