HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/270985/

「有酸素運動」と「骨への刺激運動」が脳機能を活性化する!/認知症を予防する習慣

体を動かすことや物事に取り組む意欲など、脳の健康寿命を延ばすための習慣について、順天堂大学医学部名誉教授の新井平伊先生に伺いました。

 

有酸素運動と骨への刺激運動を実践する

「脳機能を低下させないためには、体を動かすことが重要です」(新井平伊先生)。

 

最近歩く速度が遅くなった、足がもつれる、すぐに疲れる、握力が低下した…そんな変化があったら、身体機能が低下している証拠。実践したいのは、少し汗をかく程度の有酸素運動。

 

これを週に3回、各30分を目安に。そして、太ももの筋肉を鍛えることです。これにはスクワットや階段の上り下りなど。きつい運動は不要で、何より“続けること”が重要です。

有酸素運動と骨への刺激運動を実践する

 

血管の劣化が進む生活習慣病を予防する

脳寿命を延ばすためには、脳に悪い影響を与える因子をひとつずつ減らしていくことです。

 

「まず取り組みたいのは体全体の老化を促進させる要因、生活習慣病を予防することです。その代表である糖尿病、高血圧、脂質異常症はすべて血管に悪影響を与えます。血管の年齢は脳の年齢に直結します」。

 

健康診断で指導が入ったら改善を。すでに病気の診断を受けている人はしっかり治療しましょう。

 

 

何かに取り組む意欲が脳機能を支える

年齢を重ねると、脳の神経細胞が老化します。これをサポートして、脳全体の機能を活性化する工夫が必要です。

 

「そのためのキーワードが『意欲』です。何事にも前向きに取り組もうとする意欲が土台になければ、感情も知能もついてきません。そして感情で大切なのは“楽しい”と感じること」。

 

つまり、“楽しく意欲が持てる”対象を見つけることが、脳寿命を延ばす大きな秘訣です。

何かに取り組む意欲が脳機能を支える

 

●イメージする精神構造

イメージする精神構造

新井平伊先生が考える「人の精神構造」は、「意欲」がベースにあり、そこから「感情」が生まれ、その先に「知能」が育成されます

 

 

教えてくれた人

新井平伊さん 順天堂大学医学部名誉教授

新井平伊さん
Heii Arai

1953年生まれ。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と臨床を中心とした老年精神医学が専門。アミロイドPET検査を含む健脳ドックを導入した「アルツクリニック東京」院長。2021年に「健脳カフェ」設立

 

 

イラスト/midorichan 構成・原文/山村浩子

 

 

他にも「『脳の活性化』の情報」を公開中です!

■脳活スープレシピ3選【認知症を防ぐ簡単スープ】

脳に効く栄養素が丸ごととれる、汁物レシピ。スープ編です。……
脳活スープレシピ3選

■質のよい睡眠で「脳のお掃除タイム」を

質のよい睡眠をとることで、脳の老廃物の排出を促すメカニズムがきちんと働きます。寝る前はテレビやパソコンの電源……

■脳の活性化にも役立つアロマテラピー

癒し効果だけではなく、様々な効果が期待される精油。脳にもいいかも、となるとますます……

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第5回/認知症予防が40代から必要なワケとは?…

次の記事>

次の記事>
第7回/認知症の予防策として注目されるデュアルタスクとは?/認知症を予防する習慣…

この連載の最新記事

認知機能改善のサプリが続々。各社の本気度が加速!

第13回/認知機能改善のサプリが続々。各社の本気度が加速!

「脳腸相関」で腸内環境を整えることが認知症予防につながる

第12回/「脳腸相関」で腸内環境を整えることが認知症予防につながる

脳を健康に保つための「健脳カフェ」が登場/認知症ニュース

第11回/脳を健康に保つための「健脳カフェ」が登場/認知症ニュース

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル