HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/279473/

Q.老眼鏡の種類、遠近や中近…選ぶポイントは? /平松類眼科医が解説

ひと口に老眼鏡と言っても、生活環境によって、必要なメガネはさまざま。自分が見たいものをはっきりさせることが肝心です。

 

Q 老眼鏡を選ぶポイントは?

生活スタイルによって選ぶといいでしょう

老眼鏡といっても、さまざまな種類があります。

 

「100円ショップのメガネをはじめ、既成品はほぼ『近用単焦点』で、手元しか見えません。ほかに、室内のテレビくらいまで見える『中近両用』など、見える範囲が異なるものがあります。

 

メガネ店で、ただ『老眼鏡を作りたい』と言うのではなく、生活のどのようなシーンで使いたいか、自分の生活スタイルを考慮して、目的を持って選ぶことが大切です」(平松類先生)

 

自分に合ったメガネを!

それぞれ見える範囲や見え方が異なります。その特徴を知っておき、何種類か持って、使い分ける方法もあります。

●近用単焦点

近用単焦点

20~30㎝くらいの手元だけが見えます。100円ショップをはじめ、既製品はほぼこのタイプ。読書や手芸など、手元作業に向いています

 

●近用ワイド

近用ワイド

手元と30~50㎝くらい先のパソコン画面まで見えるので、デスクワークの人におすすめ。ただし、かけたまま歩くことはできません

 

●中近両用

中近両用

手元、パソコン、テレビくらいまで見える、室内の視野が広いのが特徴。会議などで、相手の顔までは見えますが、遠方は見えません

 

●遠中近両用

遠中近両用

遠近両用の中間距離を重視した新しいタイプのレンズ。歪みが少なく、中間から近くの視野が広く、遠方は鮮明度が少し落ちます

 

●遠近両用

遠近両用

近くはレンズの下方で見ることで、手元と遠方が見えます。ただし中間視野が弱いのが特徴。運転もしたい、手元も見たい人向け

 

 

答えてくれたのは

平松 類さん 医師、医学博士

平松 類さん
Rui Hiramatsu

医師、医学博士。昭和大学兼任講師、二本松眼科病院副院長。目の健康YouTube「眼科医平松類チャンネル」は登録者数10万人超え。日々、無料で目の健康情報をアップしている

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/Q.近視の人は老眼になりにくいってホント?/平松類眼科医が解説…

次の記事>

次の記事>
第4回/Q.30~40代の近視の人が、老眼に備えてしておくべきことって?/平松類眼科医が解説…

この連載の最新記事

Q.レーシックやフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)で老眼は治るの?/平松類眼科医が解説

第9回/Q.レーシックやフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)で老眼は治るの?/平松類眼科医が解説

Q.老眼対策にサプリメントは必要? おすすめの成分は?/平松類眼科医が解説

第8回/Q.老眼対策にサプリメントは必要? おすすめの成分は?/平松類眼科医が解説

Q.目を「温める・冷やす」老眼対策にいいのはどっち?/平松類眼科医が解説

第7回/Q.目を「温める・冷やす」老眼対策にいいのはどっち?/平松類眼科医が解説

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル