HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/280051/

体に栄養を届けるための「縦の流れ」と「横の流れ」とは?/消化の豆知識(後)

口から入った食べ物が消化され排出されるまでの流れや、消化力の低下で太るメカニズムなど、意外にわかっていない消化の知識をご紹介します。

 

消化の豆知識

消化力を高めるために、知っておきたい基礎知識…。体調管理にも役立てて!

体に栄養を届ける「縦と横の流れ」が大事!

口から入った食べ物は、消化器系の各臓器を経て、不要なものは便として排出されます。これが縦の流れ。一方で、体に必要な栄養素を吸収して各細胞に運び、逆に有害物質を消化管に取り込みます。これが横の流れです。

 

「消化器系が正常に働いている場合は、この縦と横の流れがスムーズにいきますが(下のイラスト上部)、腸に汚れがたまっているとうまくいきません(イラスト下部)。この縦と横の流れを良好に保つことが大切なのです」(澤田幸男先生)

体に栄養を届ける「縦と横の流れ」が大事!

消化力の低下で太りやすくなる

「消化力が低下すると、大腸に汚れがたまり、便秘や下痢など、便にも影響が出ます。そうしたシグナルは小腸にも伝わり、さらに機能が低下。栄養吸収が十分にできないので、栄養不足により基礎代謝が落ちるうえに、過食に走る傾向が」(澤田幸男先生)。

 

これが太るメカニズム。消化チームの働きを高めることは、痩身の効果もあるのです。

消化力の低下で太りやすくなる

●太るメカニズム

太るメカニズム

鶏が先か卵が先か? という側面もありますが、すべてが連鎖的に影響していきます

 

食べ物は体に24~72時間滞在

今食べたものは、いつ便として排出されるのだろう? と疑問に思ったことはありませんか?

 

「個人差やそのときに食べたもの、体調などが関係しますが、一般的には、胃での滞在時間は3~5時間、小腸で5~8時間。全体では24~72時間といわれています」(澤田幸男先生)。

 

食べ物による差も大きいのですが、そこにフォーカスした理論を次回からご紹介します。

 

 

お話を伺ったのは

澤田幸男さん 医学博士

澤田幸男さん
Yukio Sawada

1957年生まれ。「澤田肝臓・消化器内科クリニック」院長。医学博士。専門は消化器内科。アダムスキー式腸活法を提唱する『腸がすべて』(東洋経済新報社)の監修を担当。神矢丈児氏との共著『腸が寿命を決める』(集英社新書)も

 

■『腸が寿命を決める』の詳細はこちら

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第5回/「栄養吸収」と「免疫力」の主役は小腸って知ってる?/消化の豆知識(前)…

次の記事>

次の記事>
第7回/食材ごとの消化の速さに着目。「ファスト」「スロー」食材とは?/アダムスキー式腸活法<1>…

この連載の最新記事

運動と睡眠が消化力にも影響するって知ってる?/消化力ちょい上げテク<3>

第13回/運動と睡眠が消化力にも影響するって知ってる?/消化力ちょい上げテク<3>

食事中に水を飲みすぎると消化力が落ちる理由/消化力ちょい上げテク<2>

第12回/食事中に水を飲みすぎると消化力が落ちる理由/消化力ちょい上げテク<2>

発酵食品は消化のいい食べ物って知ってる?/消化力ちょい上げテク<1>

第11回/発酵食品は消化のいい食べ物って知ってる?/消化力ちょい上げテク<1>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル