HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/289799/

五十肩は注射で痛みを取りリハビリで完治(58歳・看護師)/読者の四十肩・五十肩の治療体験談

読者の体験した四十肩・五十肩。治療でよかったことや失敗したことなどを2名に聞きました。

 

注射で早期に痛みを取りリハビリで完治

高山富士子さん(58歳・看護師)

 

看護師という仕事柄、治療に対して知識があったので、1年ほど前に痛みを感じたときは、すぐに整形外科を受診しました。

 

問診と触診、レントゲンをとって肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)と診断され、炎症を取るステロイド剤関節内注射と鎮痛用軟膏で、痛みを取る治療をしました。

 

関節内注射と聞くとちょっと怖いイメージがありますが、まずは早期に痛みを取ることが大切なので、迷わず打ってもらいました。これはすぐに効きました。

 

その後、理学療法士によるリハビリを行い、さらに整骨院でマッサージなどをしてもらって、肩まわりや全身の筋肉をほぐすようにしました。

 

私は肩の前に変形性膝関節症になっているので、きっと日常生活の中で体の使い方に癖があるのだろうと思います。

 

その原因を分析して、その癖を改善したり、筋力の低下を防ぐために、よく歩いたり、軽い筋トレなどを始めて、今は再発しないように、予防を心がけています。

四十肩は注射で痛みを取りリハビリで完治(58歳・看護師)/読者の 四十肩・五十肩体験談

 

整骨院で全身のバランスを整える施術が効果あり

葵 洋子さん(52歳・フリーランス講師)

 

整形外科を受診して、問診と画像検査で肩関節周囲炎と診断。そのクリニックでは病状の説明もほとんどなく、痛み止めとしてロキソニンが出され、理学療法に回されました。

 

理学療法に3~4回通いましたが、効果を感じなかったので、整骨院を探しました。1軒目はハズレで、友人から紹介された2軒目が正解でした。

 

肩だけでなく、体全体のバランスやコンディションをトータルで整えてくれる施術がよかったです。激痛で寝られない、動くにも苦痛、ちょっとした衝撃でもうずくまるほどの痛みだったのですが、そこの施術でかなり改善しました。

 

四十肩・五十肩は放っておけば治ると言われて、しばらく我慢していたのですが、1カ所に痛みが出ると、それをかばってほかの部位も痛むように。

 

自分に合うクリニックや治療院を早く見つけて、もっと早く治療を始めていたら、重症化しなかったと後悔しています。やはり早期治療が大切です。

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第7回/四十肩・五十肩になったら整体、整形外科…どこに治療に行ったらいいの?…

次の記事>

次の記事>
第9回/筋膜リリースとテーピングで痛みが緩和(55歳・会社員)/読者の四十肩・五十肩の治療体験談…

この連載の最新記事

四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

第13回/四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

第12回/四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>

第11回/四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル