HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/292751/

四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

四十肩・五十肩の痛みが改善してきた回復期、理学療法士など肩やスポーツ医学の専門家に相談し、積極的に動かすほうが良いその理由とは?

 

回復期

痛みが改善して、腕を動かせる範囲が広くなっていく時期。ここまできたら、どんどん肩を動かすようにするのがポイント!

 

痛みが緩和したら、しっかり動かす!

拘縮期では様子を見ながら、肩と連動した部位をストレッチしてきましたが…。(拘縮期のストレッチはコチラの記事で読むことができます)

 

「痛みが取れたこの時期になったら、日常生活でもどんどん体を動かすようにします。痛みの記憶から、動かさないでいると体が硬くなり、肩の動きが悪くなります。

 

すると、肩の可動域が元に戻らなくなって、痛みがないのに腕が上げづらくなってしまうので注意が必要です」(菅谷啓之先生)

 

スポーツもできる範囲で積極的に再開する

「ゴルフやテニスなど、趣味のスポーツがあったら、肩の可動域や筋力などそのスポーツに必要な体の機能を確認しながら、肩に無理がない範囲で再開していきましょう。

 

いきなりフルスイングではなく、軽い素振りなどから、徐々に肩をならしていくといいでしょう」。

 

そんなときも、理学療法士など肩やスポーツ医学の専門家に相談できると安心です。

スポーツもできる範囲で積極的に再開する

 

 

教えていただいたのは

菅谷啓之さん 東京スポーツ&整形外科クリニック院長

菅谷啓之さん
Hiroyuki Sugaya

東京スポーツ&整形外科クリニック院長。整形外科医、肩肘専門医。米国ハワイ大学医学部客員教授、東京女子医科大学整形外科客員教授

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第12回/四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>…

次の記事>

次の記事>
第14回/四十肩・五十肩の回復期におすすめ!胸と骨盤の柔軟性を高めるエクササイズ <回復期の対処法>…

この連載の最新記事

四十肩・五十肩の再発を防止する首と肩のこり取りストレッチ <回復期の対処法>

第15回/四十肩・五十肩の再発を防止する首と肩のこり取りストレッチ <回復期の対処法>

四十肩・五十肩の回復期におすすめ!胸と骨盤の柔軟性を高めるエクササイズ <回復期の対処法>

第14回/四十肩・五十肩の回復期におすすめ!胸と骨盤の柔軟性を高めるエクササイズ <回復期の対処法>

四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

第13回/四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル