OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/sleep/203905/

良い眠りのための3つの朝習慣とは?

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。著書に『眠りのチカラ タイプ別睡眠改善&リッチ睡眠TIPS 101』(みらいパブリッシング)がある。

記事一覧を見る

こんにちは。眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

「おやすみ」は「おはよう」から始まる。と、セミナーなどでいつもお伝えしていますが、質の良い睡眠を本当にとろうとするなら、日中の活動がとても大事になります。そして、その中でも一番大事なのが「朝」の過ごし方です。

 

朝の過ごし方を間違ってしまうと、夜の睡眠効果をうまく得られません。そもそもお寝坊さんで昼起床の人は、実にもったいない!としか言えません。すぐにでも朝型に切り替えて欲しいものです。

 

では、夜しっかり眠れるための朝の過ごし方をご紹介します。それは‥‥

 

「朝9時までに窓際で朝食を」

えっ、これだけ? と、思われる人もいるでしょうが、実はここに大事なポイントが3つ含まれています。

 

・毎朝、平日休日問わず同じ時間に起きる

・朝食をとる

・朝日を浴びる

 

この3つは体内時計を整える行動です。

 

体内時計は毎日少しずつずれていきますが、朝の太陽の光でリセットされるので、その誤差を修正しながら人は生きています。そのため、家にいる時間が長くなり、会社に行くとか、この時間に何かをする!ということが減ると、生活リズムが狂ってしまい、夜の睡眠も後ろにずれがちになります。

 

そこでまず朝日を浴びることで、脳が刺激を受けメラトニンを抑制し、時差をリセット。さらに約16時間後に眠くなるタイマーが作動し始めます。そして朝食をとることでカラダにスイッチが入り、体温が上昇して活動モードへと切り替わります。

平日、休日問わず毎日同じ時間に起きるのは、体内時計のリズムを崩さないためであり、ルーティン化することでカラダが楽になります。

 

外に出て散歩しながら朝日を浴びられればより良いのですが、なかなか毎日は難しいので、できるだけ窓際で陽にあたりながら朝食をとるようにしましょう。これだけのことで、3つのポイントはクリアできます。多少天気が悪くても平気です。

朝のスタートを大事にして、一日を活動的に過ごし、夜はゆっくり眠れるようなそんなサイクルを身に付けて欲しいものです。

 

では、今宵もよい眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

https://nemurinochikara.com/

 

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第33回/眠りを誘う手作り入浴剤で、ストレス解消!おうち時間を充実!…

次の記事>

次の記事>
第35回/コロナ不安で眠れない人に増えたのは?…

この連載の最新記事

寝落ちしてもいい音、いけない音

第55回/寝落ちしてもいい音、いけない音

寝る前に○○ケアをしないと、夜間、トイレに行きたくなる

第54回/寝る前に○○ケアをしないと、夜間、トイレに行きたくなる

寝室の色、考えてますか?

第53回/寝室の色、考えてますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル