OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/sleep/215618/

手作り「酒粕手ごね石けん」で美肌をゲット

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。

記事一覧を見る

こんにちは。眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

引き続き、「良い睡眠」に導くための「お風呂時間」を充実させる、簡単バスグッズのご紹介です。

 

以前紹介したバラの石けんは、MPソープを使って型に入れる方法で作りましたが、今回は「石けん素地」を使って、手でこねて作る石けんです。

特別な道具や火も使わず、手でこねるだけなので、STAY HOME中の子どもたちと一緒につくることもできます。

 

今回は美肌に関係のある酒粕を混ぜて、ほんのり独特なあの香りを楽しみながら、もっちりとした泡が気持ちいい石けんです。

 

【酒粕手ごね石けん】

材料 (直径4cm程度の石けん、約3個分):

酒粕 40g

水  60ml

石けん素地 100g

オリーブオイル 10g

クレイ(ピンク)少々

 

作り方:

1.ボウルに酒粕と水を入れ、ほぐしておきます。

2.そこに石けん素地とオリーブオイルを入れ、しっかり手でこねて混ぜ合わせます。耳たぶくらいの硬さを目安に、硬すぎてまとまらない時は少し水を足します。

3.生地の1/3にピンクのクレイを混ぜ合わせます。 残った生地とピンクの生地を全体が混ざらないようにして、ひとつの塊にします。

4.それを2センチ程度の厚さに伸ばし、お好きな型でくり抜きます。型がなくても好きな型に手で形をつくってみるのもいいでしょう。

5.少し乾燥させて、完成です。

今回は酒粕を使用していますので、あまり作り置きせずフレッシュな状態で使える分量にしています。

オリジナルで作る場合は、色は他のクレイ色でも好きに色付けもできますし、エッセンシャルオイルで香りづけも可能です。

また、粘度細工の要領でハート♡やお団子風、動物の顔なども作れます。

 

プレゼント用にお友達に差し上げる時は、出来上がった石けんの上にドライハーブ(ラベンダー等)などを少しちらし、指でほんの少し押しておくと馴染みやすくこぼれません。

 

このように応用のきく石けん素地は、少量から数キロ単位でアロマなどを扱う店舗や通販で販売されていますから、試しに作ってみて、いろいろアイディアが湧くようなら、少し多めに購入してもいいかもしれませんね。

 

暑い暑い夏ですが、こんな時こそ湯ぶねにつかり、手作りのものでバスタイムを満喫してくださいね。

 

では、今宵も良い眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

https://nemurinochikara.com/

 

 

 

 

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第41回/猛暑を乗り切る「快眠準備」、カーテンと照明は?…

次の記事>

次の記事>
第43回/睡眠の質を落とすカフェインに注意!…

この連載の最新記事

睡眠の専門家がこの秋、買ってよかった寝室アイテム3

第44回/睡眠の専門家がこの秋、買ってよかった寝室アイテム3

睡眠の質を落とすカフェインに注意!

第43回/睡眠の質を落とすカフェインに注意!

手作り「酒粕手ごね石けん」で美肌をゲット

第42回/手作り「酒粕手ごね石けん」で美肌をゲット

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル