HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/sleep/244419/

これからの季節、睡眠時間を確保するには?

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。著書に『眠りのチカラ タイプ別睡眠改善&リッチ睡眠TIPS 101』(みらいパブリッシング)がある。

記事一覧を見る

こんにちは。眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

今年はなんだか季節の進みがちょっと早いように感じませんか? 桜もチューリップも、そして蚊の登場も早い!

 

そんなことを感じているうちに、朝の日の出もすっかり早くなってきました。夏至に向かって、これからどんどんお日様が出ている時間が長くなります。

そのせいか、この時期くらいから、朝、早起きしてしまって、少し寝不足気味になる方が増えてくるような気がします。

 

当然ですが、就寝時刻が変わらなければ、トータルの睡眠時間は減ります。そこは生活リズムと相談して、ほんの少しずつでもいいので、睡眠時間を前倒しにしてみてください。一気に1時間とか早めようとせず、15分くらいずつで構いません。その時間に慣れたら、また15分前倒しという具合に徐々に早めましょう。

 

前倒しにすると、いつもより早くベッドに入るため、どうしてもベッドで他のことをしがちです。

本を読んだり、スマホで動画を見たり、仕事の続きをする人もいるかもしれませんね。マダム世代にはあまりいないとは思いますが、ベッドで食べたり飲んだりすることが普通の感覚の方もいます。

ベッドでお菓子のイメージ写真

これだといつまでも脳は活動中のままになってしまいます。

もちろん動画などは光の影響や脳の興奮を煽り、それこそリビングに居る時と変わらなくなってしまいます。

 

「ベッド=眠るところ」

 

昔の歌で『ベッドで煙草を吸わないで』というのがありましたが(かなり昔ですね)、ベッドではこの原則をしっかり脳に覚えさせるためにも、(パートナーや子どもとのコミュニケーション以外)他のことをしないようにしましょう。

 

眠りの質向上のためにも、すんなり眠る癖付けが大切になってきます。

 

では、今宵も良い眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

https://nemurinochikara.com/

 

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第55回/寝落ちしてもいい音、いけない音…

次の記事>

次の記事>
第57回/朝起きて「顎が痛い!」 その原因は・・・?…

この連載の最新記事

良い睡眠のために考える、べッドの替えどきサインとは? この先の人生を共に過ごすベッドを選ぶタイミング

第88回/良い睡眠のために考える、べッドの替えどきサインとは? この先の人生を共に過ごすベッドを選ぶタイミング

「明日は早起きだから…」ゴルフや旅行の前夜に早寝したくてもできないアナタ。「睡眠禁止ゾーン」をご存知ですか?

第87回/「明日は早起きだから…」ゴルフや旅行の前夜に早寝したくてもできないアナタ。「睡眠禁止ゾーン」をご存知ですか?

年齢とともに睡眠の質は低下。「朝早く目が覚めてしまう人」が寝る前に飲むべき「お椀もの」って!?

第86回/年齢とともに睡眠の質は低下。「朝早く目が覚めてしまう人」が寝る前に飲むべき「お椀もの」って!?

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル