OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/106345/

まくらが合わない? それは、身体からのSOSかも。

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

樫出さん まくら

「なんだか、まくらが
合わない氣がするんですよ」

 

と、いう方が
案外多い、
漢方カウンセリング中。

 

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの
樫出恒代です。

 

 

漢方カウンセリングは、
人生全般カウンセリングでも
あるわけで。

 

身体とこころは、
ひとつですから。
そして、身体とこころと環境の
この3つが、
健やかに
うまく巡らないと
豊かな人生は送れない、と思うのです。

 

ですから、漢方カウンセリングの際には
症状に関係のないことでも
なんでも、どんなことでもいいから、
お話ししてくださいね、
といつも言っております。

 

それが、どこかに
何かに
症状、
痛みなど
その原因に
繋がることが多いのです。

 

とは、言え
私は漢方の専門家でありますので、
まくらの専門家では無いのですが。

 

でも、
「まくらが合わない氣がする」
と、いう一言は
重要なひとこと。

 

 

もし、そういう方がいらしたら
最近
こんな症状
思い当たりませんか?

 

□朝起きた時、すでに疲れている
□すっきり目覚めない
□肩こり・首こりがひどくなった
□血圧が高くなった
□手足のしびれが氣になる
□頭痛がする
□頭が重い
□目の疲れが氣になる
□むくみやすい
□ストレスを感じやすい

 

いくつくらい
当てはまりますかー

 

10個中4個以上は
SOS〜〜〜
〜〜サイン〜〜

 

 

 

まくらが合わないのはある不調が原因なのだそう。

「まくらが合わない」とは
すなわち、
首や肩まわり、背中などが
硬くなってきた、
柔軟でなくなってきたよ、という
サインのひとつ、
と考えられます

 

仕事がハードだったり、
緊張が続いたり、運動不足だったり、
暴飲暴食が続いたり、
ストレスがたまったりすることで、
血流が滞り
瘀血(漢方的にドロドロ血のこと)となり
上記のような症状が出てきます

 

 

本来は柔らかく
柔軟な身体が理想ですね

 

小さいお子さん(小学生低学年くらいまで)は
寝ている時に自分整体をする、
と言われていて、
いくら
布団をかけても、ゴロゴロと
動きまわり
あれ〜?あんなところで寝てる〜
なんてことありますね。
要するに、寝相が悪い、と。

 

まくらなんていらないし、
布団さえいらない、くらい

 

子供の身体は柔軟で
そのおかげで
ぐっすり眠ると
次の日、すっきり元氣になる

 

寝ている間に1日の疲れを自分で治すことが
できるんです

 

更年期世代の私たちは、
そうはいかないかもしれませんが、、、。

 

まずは
運動不足解消
食べ過ぎ・飲みすぎに注意しつつ
ストレスにも優しく対応できる
自分でいたいですね

 

 

 

まくらが合わない時におすすめの漢方薬は?

漢方では、

一人ひとりの症状によって
漢方薬は異なります。

 

私は、自分でまくらが合わないと感じた時から、ずっと飲んでいるものがあります。

 

瘀血を流し、腎・肝・心の力をアップする
《田七人参 でんしちにんじん》

 

田七人参は、
かつて
中国で、金不換(きんふかん)とも呼ばれ
お金にも換えられないくらい
貴重なものとされていたのです。

 

活血・・・血流を促し全身に巡らせる
止血・・・不必要な出血を止める働き
などの作用があり、疲れをとり、
氣力を上げ、肩こり、痛みなどにも効果的です。

 

おすすめは、
四川富貴廣(しせんふうきこう)です

樫出さん 漢方 四川富貴廣

 

・田七人参 (でんしちにんじん)

樫出さん 田七人参

 

・鬱金(うこん)

樫出さん 鬱金

 

・霊芝(れいし)

樫出さん 霊芝

などが

配合されている栄養補助食品

 

 

もちろん、
合わない、と感じたまくらは、
換えていい

 

まくらを換えることで、
得られるであろう
心地よい深い眠りは
漢方薬と同じか、
それ以上の
おくすりになります。

 

ただ、まくらだけの問題では
ないかもしれない、
という身体からのサインも
見逃さず

 

自分の身体の声に
ちょっと
敏感な
アンテナたてて

 

早めの手当てをしていきたいですねー

 

それが更年期世代の漢方の知恵に
なります

 

 

注:漢方薬については

漢方専門の医師や漢方薬剤師

漢方アドバイザーなどにご相談・

カウンセリングの上お飲みください。

 

 

漢方カウンセリングルームKaon

Facebook

https://www.facebook.com/kampokaon

 

HP

http://kampokaon.com/

<前の記事

<前の記事
第52回/更年期、不眠の影に何かあり…

次の記事>

次の記事>
第54回/食べたら眠くなるは、胃腸が弱い?氣力不足? –夕食後眠くてたまらない症候群–…

この連載の最新記事

更年期に漢方、なぜいいの?

第101回/更年期に漢方、なぜいいの?

「ブラがきつくなくなった」のは漢方のおかげ!?️

第100回/「ブラがきつくなくなった」のは漢方のおかげ!?️

 〈一度すわると立てない症候群〉   漢方でなんとかしよう

第99回/ 〈一度すわると立てない症候群〉   漢方でなんとかしよう

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル