さすらいの婦人科巡礼

プロフィール写真

 1968年生まれ。日本語教師を経て、ノンフィクション作家に。2012年『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。他に『駆け込み寺の男 ―玄秀盛―』(ハヤカワ文庫)、『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』(早川書房)など

PHOTO©Hayakawa Publishing Corporation

もう、つべこべ言わずにぱっと切って、さっと治りたい。ええい、もう決めた決めた!卵巣をふたつパパっと取ってすっきりしよう。

 

 

 

そう思ったら、何か美しい青空が広がってそこから天使でも降りてきそうな気持になった。今、家族は男ばかりだが、男どもはみな賛成している。

 

 

父は10年前に前立腺がんをわずらったが、「手術したが、なんでもなかったぞ。大丈夫だ!」と言っている。前立腺。……うーん。でも、それは参考にならないんじゃないだろうか。でも、まあ、わたしの決断を歓迎してくれているのは確かだ。

 

 

こんなときには母が生きていればいいのにと、思うことがある。それでも子どもを産んだときには親がいて、いかにわたしは恵まれていたかと痛感する。失ってわかる親のありがたさである。

 

 

さて、卵巣を両方取ることにした、気分はすっきりだ、と若い友人に話すと、またまたここで彼女が決心を鈍らせることを言うのである。

 

 

「佐々さ~ん。うちの母も同じように言われて、卵巣をふたつ取ったんですよ。そうしたら、ホルモンのバランスを崩して、骨粗しょう症になるし、精神的に落ち込んで今、鬱状態です」と言う。
「ええっ、嘘?」
「本当ですよ。苦しむ母を見ているので、よく考えた方がいいと思って。たぶん個人差があって、いろんな人がいると思うんですが、うちの母はそんな調子でした」

 

佐々さん_photo

 

更年期症状とは具体的にどんなものかわかっていなかったが、そうだったのか。でも、わたしはこうも思った。

 

 

「そうだよなぁ。それそれ。その生々しい体験をわたしは聞きたかったの!」

 

 

ネットを検索すると、「更年期の症状が起きることがある」などとさらーっと書いてある。しかし、実際にどんなものなのかがさっぱりわからない。

 

 

でも、普通に考えて、いきなり卵巣を取ってしまったら、しばらく具合が悪くなりそうなことは予測がつく。あくまで、個人差があることはわかっているが、自分はたぶん具合が悪くなるタイプだと思う。でっかい子宮筋腫があるのでホルモン補充療法もむずかしい。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top