横森理香『コーネンキなんてこわくない』刊行スペシャル★アンチエイジング旅②「白神山地・十二湖トレッキングに挑戦!」


更年期の心身の不調解決に次々チャレンジしたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』が話題の作家・横森理香さん。 

第1回では「コーネンキ」の先にあるものを追い求め、青森県、その名も「不老ふ死温泉」へ。

第2回は、世界遺産・白神山地、十二湖トレッキングのルポをお届けします。

 

 

 

高校生のための文化講演会で、はるばる来たぜ津軽。

 

せっかくここまで来たのだからと「不老ふ死の湯」にも浸かり、せっかくだから世界遺産・白神山地をトレッキングしようではないかという話になった。

 

 

横森さん 食品 58720388

地元深浦名産、「ふかうら雪人参」のジャムやドレッシング、ジュースなどは宿のお土産コーナーでも大人気。雪の下から収穫される人参は野菜とは思えないフルーティな甘さで美味❤

 

横森さん 看板 58720391

温泉と睡眠で元気になったし、土産も買ったし。さあ、トレッキングだ!

 

 

行ったことのないところへ行く、やったことがないことをする、チャレンジすることで前頭葉を活性化、若返りを計ろうという魂胆である。

 

「不老ふ死の湯」では、朝ごはんから地魚のお刺身と自家製塩辛でガッツリいただき、お土産をしこたま買って宅急便で旅の荷物と共に送り、八時のマイクロバスに飛び乗った。

 

早朝、露天風呂にも入っているし、お腹もいっぱい。当然、バスの中ではガー寝である。

 

バスが到着して気が付くと、我々は森の中にいた。ログハウス風のお土産屋さんに、キョロロ、と書いてある。キョロロとは?!

 

ここから二時間のトレッキングだから、ここで用便を済ませとのお達しが、宿からあった。前日、雨が降っていたので長靴を履いて行けと、宿から長靴も貸し出されていた。

 

「ぬかるんでいるところがあるので滑ってもいけないですし、お靴も汚れますから」

 

と。一瞬、長靴なんて歩きづらいのではないかと不安がよぎったが、青森は雪国。冬場は毎日長靴だけに、長靴のサイズは細かくある。23cmの長靴、履きやすくて軽くて、ちょうど良かった。デザイン的にも悪くなく、マイ長靴として持ち帰りたいぐらいだ。

 

それにしても白神山地、二時間のトレッキングを長靴で大丈夫か?  という不安もあったが、ガイドの富士子さんの説明を聞きつつ、自然観察しつつの二時間なので、ぜんっぜん平気だった。山を歩き慣れてない私たちでも、あっという間の二時間だったのだ。

 

横森さん 地図 58720334

横森さん ガイドさんと横森さん 58720335

今回案内してくださったのは、白神自然ガイド・森林セラピーガイドの富士子さん。この十二湖地域は、森林浴によるリラックス効果が認められる「森林セラピー基地」として認定されているのだそう。

 

 

私たちが参加した「十二湖コース」は、山登りではなく湖の周りの森を散策する。

 

横森さん 案内図 58720322

 

富士子さんいわく、世界遺産・白神の山は奥深く険しく、登るのはかなり大変、一般の人は時間に合わせて湖を見つつ、橅(ブナ)の原生林を歩くコースがおすすめだそうだ。

 

 

 

十二湖の森の散策へ、いざ出発!

シェア ツイート LINEで送る
第13回
横森理香『コーネンキなんてこわくない』刊行スペシャル★アンチエイジング旅②「白神山地・十二湖トレッキングに挑戦!」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top