アロマショップに入れない!

プロフィール写真

 1968年生まれ。日本語教師を経て、ノンフィクション作家に。2012年『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。他に『駆け込み寺の男 ―玄秀盛―』(ハヤカワ文庫)、『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』(早川書房)など

PHOTO©Hayakawa Publishing Corporation

病気になると、別のセンサーが働くようになる。

 

 

病院からの帰り道、ふらふらっと香りに引きつけられたのは、ハーブティーとアロマの店だった。小さな店舗で、いくつかのアロマディフューザーから吹く霧が、花や果実の芳香を漂わせている。

 

佐々さん_photo

 

 

そういうのとは無縁の生活をしていたので、一度通り過ぎ、Uターンしてもう一度店の前を行き過ぎてみる。「アロマなんて柄にもない」と思い、帰ろうとしたが、ここで「ん、ちょっと待てよ」と、もうひとりのわたしが、わたしの考えに疑問をさしはさんだ。

 

 

「その、柄にもないって、何なのよ?」

 

 

そりゃ、確かに、化粧っけもないし、おしゃれもしない。女子と名のつく女らしさを私は見事に持ち合わせていない。

 

 

でも、心惹かれたものに触れようとするときに、わたしを躊躇させてしまう、この「柄にもない」という呪詛の言葉は、はて、いったいどこから降ってきたのだろう。

 

 

いつもなら、治安が悪かろうが、衛生状態が悪かろうが、地球の裏側だろうが、心惹かれれば、未知の世界にグイグイ入っていくことができるのに、わたしはアロマの店に入れない!

 

 

右を見て、左を見て、後ろを振り返ってみた。誰も見ていない。誰もとがめだてをしていない。誰も気にしていない。何にも悪いことをしていない。

 

 

なのに、セルフイメージから離れた店に入ろうとするとき、わたしには目に見えない制限がかかる。なんだか柄にもなくて恥ずかしいのだ。実際のところ、その場で「柄にもない」と思っているのは、たったひとり、わたしだけだった。

 

 

わたしがアロマオイルを買ったなんていえば、まず間違いなく、わたしの友達は「らしくない」と言って大笑いするだろう。家族も「母さん、どうした?」と怪訝に思うに違いない。そうやって、長い間、セルフイメージに縛られ、そのセルフイメージを自らコピーしながら、私はとうとう半世紀も生きてきたというわけだ。

 

 

ああ、そうか。そうだったのか。ごめんね、女子のわたし。「女子をこじらせる」という言葉が頭の上を通り過ぎるたびに、わたしには無関係なものかと思っていたが、誰でも何かしら多少はこじれているものなのかもしれない。
でもね、たぶん、きっと、それぞれありますよね。「柄にもない」からって挑戦しないものが。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top