女はトランスフォームするのだ

プロフィール写真

1968年生まれ。日本語教師を経て、ノンフィクション作家に。2012年『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。他に『駆け込み寺の男 ―玄秀盛―』(ハヤカワ文庫)、『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』(早川書房)など

PHOTO©Hayakawa Publishing Corporation

意識が特に高いわけでもなく、医師に文句があるわけでもなく、不運に不運が重なって、婦人科を転々としてきた。「やっぱり佐々さん、持ってますね」と褒められるが、へんなほめ方をしてくれるな。ちっとも嬉しくないわい。そして、自分が見上げているのは、総合病院の立派な建物である。

 

 

受付をすませると、フードコートの呼び出しボタンのようなものを渡された。これが鳴ったら来いという。便利になったものだ。病院内には小じゃれたカフェや中庭があって、みな思い思いに時間をつぶしている。最近の病院は、こんなことになっているのか。

 

佐々さん_photo

 

壁紙が花柄のファンシーな産婦人科もびっくりしたが、最新の総合病院にもびっくりする。そういえば、この病気にかかる前に一度行った産婦人科は、「乳首の色をピンクにします」とか、「膣の締まりをよくします」とか「陰部の形を整えます」といったパンフレットがずらずらっと並べてある病院だった。あまりに待っている時間が長かったので、思わず熟読してしまった。

 

 

表立って語られることがない婦人科だけに、初めて知ることが多いのである。産婦人科っていろいろ個性があるのだ。確かに、いろいろと勉強になることが多い。それにしたってノンフィクションの神様は私に何を学ばせようとしているのか。

 

 

さて、病院内のカフェでまったりしている間に、時間が来て、いよいよ診察の時間である。

 

 

第三の医師は、ロマンスグレーのジェントルマンだった。
最初のお医者さんは、卵巣も子宮も取らずに中の悪いところを手術しましょうと提案した。次のお医者さんはふたつの卵巣を取ってしまいましょうということだった。次のお医者さんは何と言うのだろう。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top