幸福なエンディング

プロフィール写真

1968年生まれ。日本語教師を経て、ノンフィクション作家に。2012年『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。他に『駆け込み寺の男 ―玄秀盛―』(ハヤカワ文庫)、『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』(早川書房)など

PHOTO©Hayakawa Publishing Corporation

以前、環境活動家のレイチェルカーソンの『センスオブワンダー』という本を読んだ。本には、自然の中に宿る命に目を向け、限りない神秘に驚嘆し、好奇心を持ち続けることこそ、人に与えられた幸福の力だと書かれている。

 

 

最近思う。驚き、というのは森や海などの自然の中にだけあるのではない。私たちの命そのものにも存在している。

 

 

人生の変わり目というのだろうか。半年前に次男を、そして2週間前に長男が独立して家を出た。今、子どもたちの帰ってこない家で新しい生活を始めている。

佐々さん_photo

 

 

卵巣という小さな臓器のなかからやってきた細胞が細胞分裂を繰り返し、10か月の妊娠期間ののちにこの世に産み落とされる。最初は目もそれほど見えず、言葉も話せず、首も座らない子どもが、やがて言葉を話しはじめ、歩き始め、親から離れていく。

 

 

寂しいかと問われたら否定はしないが、それより、生命の驚きに満ちたこの20数年の人の成長を間近で見られた感動の方が今は大きい。終わってほしくないハッピーエンドの映画が終わり、いつまでも、その余韻で立ち上がれないような気分だ。

 

 

3年前に母を亡くし、人生の朱夏から、秋のきざす扉の前に私は立っている。何千年も繰り返される代替わりの瞬間に立ち会いながら、私は考えるのだ。
人はどこから来て、どこへ行くのだろうかと。

 

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top