更年期になったら心がけたいこと 後編/HRTなど症状の治療法はさまざま


更年期になったら心がけたいこと

 

更年期には、その人の弱いところに症状が出るといわれます。
どのようなトラブルが考えられるのか、どのように対処したらいいのか、
いざというときに慌てずに済むよう、あらかじめ基本的なことを知っておきましょう。

 

ここでは、更年期になったら心がけたい4つのことをご紹介します。今回は前回に続き、3.HRTという選択、4.植物の薬理効果で更年期も快適に! についてです。

 

 

 

3 H RTと いう選択肢

更年期の症状全般、なかでもホットフラッシュや のぼせ、ほてりに効果的なHRT(ホルモン補充療法)。

コレステロール値を下げ、動脈硬化予防や、骨粗しょう症、アルツハイマーのリスク軽減の効果も。

 

 

卵巣から分泌される女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。重視されているのは、女性らしさを司るエストロゲンですが、エストロゲンが過多になると乳がんや子宮体がんの発症リスクが高まります。その作用を打ち消すのがプロゲステロン。ホルモンは、バランスが重要なのです。

 

HRTは、更年期~閉経で減少したホルモンを補う治療法。適切に使えば、更年期のつらい症状を改善することができます。閉経前でも閉経後からでも使えますが、月経があるうちは低用量ピル、閉経後はHRTに切り替えるのが一般的です。ただし乳がんや子宮体がん、および血栓症になったことがあるか、現在治療中の人は利用できません。

 

 

●錠剤(飲み薬)

胃腸を通して吸収される錠剤。種類としては、エストロゲン単剤のプレマリン錠、ジュリナ錠、エストリール錠。エストロゲンとプロゲステロン混合剤のウェールナラ配合錠。プロゲステロン単体のプロベラ錠、デュファストン錠などがあります

 

●パッチ剤(貼り薬)

下腹部などに貼ることで、ホルモンが皮膚から血液中に吸収されます。胃腸や肝臓の弱い人でも安心して使えるメリットが。エストロゲン単体のエストラーナ、フェミニスト、エストロゲンとプロゲステロン混合剤のメノエイドコンビパッチなどがあります

 

●ジェル剤(塗り薬)

ボディジェル感覚で使える、肌に直接塗るジェルタイプ。エストロゲン単体のル・エストロジェル、ディビゲルなどがあります ※HRTは、状態によって処方が変わります

 

撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/木下 優(ロッセット) モデル/栗本奈央 スタイリスト/安部祐美
 
ピアス ¥2,685/ゲニ カットソー・スカート・シューズ/スタイリスト私物

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第6回
更年期になったら心がけたいこと 後編/HRTなど症状の治療法はさまざま

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top