「かかりつけ婦人科医」が必要な理由 ⑥保険診療で診てくれる施設を探して


閉経世代のOur Ageスタッフ&素敵女医にアンケート
「かかりつけ婦人科医」が必要な理由

 

体が変化していく時期に、頼りになるかかりつけ婦人科医。
皆さんがどんな医師とどのようなかかわり方をしているのか、詳しく聞きました。

 

 

 

編集関係者、医師に聞きました。
「私の かかりつけ婦人科医」

 

 

坂本紗有見さん

56歳。

銀座並木通り さゆみ矯 正歯科クリニック院長。

歯科

 

 

更年期やアンチエイジングへの

理解のあるかかりつけ医

 

●あなたのかかりつけ婦人科医は?

「対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座」の対馬ルリ子先生。

 

●いつ頃からかかっていますか?

7年ほど前から3カ月に一度、更年期対策でお世話になっています。

 

●かかりつけ医に求めることは?

更年期やアンチエイジングを理解してくれること。同性の年上の先生であること。がん検診を定期的に、そしてがんの疑いを継続し、保険診療で診てくれる施設であること。

 

●定期的な検診を受けていますか?

はい。婦人科のがん検診は、半年に一度、受診するようにしています。

 

●今後、見つけたい科の医師は?

脳神経外科/梗塞などの早期発見・予防のために。眼科/白内障・網膜剝離・緑内障・加齢黄斑変性などの早期発見と予防のために。 歯科/全身疾患(糖尿病・心疾患・がん・免疫など)との関連性で口腔ケアは重要なので。

 

●その他、思うことは?

婦人科検診は、男性経験を持ったときから定期的に行うべきだと思います。また歯科検診も、検診というより口全体の定期清掃を行うべき。妊婦になる準備を考えれば、女性は初潮を迎えたときから、早産や低体重児の予防のために。男性は、パートナーとの菌交換での感染を予防するためです。

 

 

Point!

保険診療で診てくれる施設であること

 

 

対馬ルリ子さん

対馬ルリ子 女性ライフクリニック 銀座
東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス7F
☎03-3538-0270

 

 

 

取材・原文/上田恵子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第19回
「かかりつけ婦人科医」が必要な理由 ⑥保険診療で診てくれる施設を探して

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top