OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

漢方できれいになる「女はきれいにしてなさい」

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

お彼岸にお墓まいりにいきました
祖母がいつも
言ってたことを思い出しました。
「女はいつもきれいにしてなさい」

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの
樫出恒代です。

 

明治生まれの祖母は毎日
髪結い(今でいう美容師さん)にきてもらい
おしろい、口紅
そして、香水も忘れず
着るものも氣を使う人でした

 

「きれいなおばあちゃんね」と
近所の人にいわれるのが、こどもながらに
うれしかった思い出があります。

樫出さん 女性イラスト

 

さて、自分のことを考えると
毎日、仕事に、時間に追われ
(と、言い訳をし)
なかなか、「きれいにしている」
とは言えないのが
本当のところ。

 

でも、すこしでも
努力しなきゃと思う日々なのです

 

 

と、そんなことを考えていた、先日のこと。
漢方カウンセリングに
いらしたお客様に
「はっ」としました。
それはなぜかと言いますと

 

あまりにきれいになられていた

からなのです。

 

そして、開口一番
「先生、わたし
風邪、自分で治せました!」

 

いままでだったら、絶対
すぐに病院へ行ってた。
でも、早く自分の身体の変化
症状に氣づいて、
漢方薬を飲んで、早めに寝たら
治ってた。

 

すごくうれしいって。

 

そう話す彼女は
輝いていて。

 

うっすらとお化粧したお肌はつやがあり、
目元には、エクステも施されてて
彼女の大きな瞳に
とっても似合っていた。

 

こんなにきれいに!!
きれいになるって
エネルギーに満ちること

 

それは生きるエネルギー。

 

まつげのエクステをすれば
きれい、というわけではない、
お化粧をバッチリすればよい、というわけ
でもない

 

「すごくきれいですね!」と、私が言ったら

 

「風邪を自分で治せたのが
嬉しくて、なんとなく自分に自信がもてて」

 

ちょっと照れつつ、謙遜しつつ
続けて
「たしかに、前はエクステなんて
行こうとも思わなかった。
でも、行きたいと思うようになってきたんです」

 

 

 

漢方的「きれい」とは? 次のページでご紹介します。

<前の記事

<前の記事
第73回/生きやすくなる、漢方…

次の記事>

次の記事>
第75回/漢方における〈養生のピラミッド〉でいちばん大事なことは?…

この連載の最新記事

足がほてって眠れない~漢方的対策

第98回/足がほてって眠れない~漢方的対策

漢方的~氣をめぐらせる方法

第97回/漢方的~氣をめぐらせる方法

悩みは頭痛 あなたのタイプは? 漢方的対策

第96回/悩みは頭痛 あなたのタイプは? 漢方的対策

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル