更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!①/樫出恒代:更年期からの漢方入門(前編)不調は肝と腎のトラブルから?

プロフィール写真

樫出恒代さん

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。東京・銀座の漢方カウンセリングルームKaon代表。新潟薬科大学薬学部卒。OurAgeの連載コラムが評判

 

 

 

 

 

今、抱えている体と心の不調は、これまでの生き方の成績表。更年期だから仕方がない、どこに相談したらいいかわからない、と放っておくとこの先の人生にツケが。

漢方は、知らず知らずのうちにしみついてしまった生き方のクセを修正してくれます。更年期からの漢方について樫出さんに教えていただきましょう。

 

漢方①アイキャッチ

人生の更新料を払うつもりで漢方に取り組んでみる

汗がどっと出る、肩がこる、血圧が上がる、めまいや立ちくらみがある、気分にムラがありやる気が出ない、食べるとすぐに眠くなるのに夜はよく眠れない…OurAge世代の女性が抱える数々の体の悩み。

「更年期世代に見られるこれらの症状は、女性ホルモンが減ることでも起こりますが、この世代特有のバックグラウンドの変化も大きな原因。40代後半以降は、子どもの受験や就職・結婚、親の介護、仕事をしていればその責任などでバックグラウンドがぐちゃぐちゃになりがちです。疲労困憊や気の遣いすぎも、体調を狂わせてしまうのです」と樫出恒代さん。

 

そんなバックグラウンドがぐちゃぐちゃになりがちな更年期世代におすすめなのが漢方だといいます。漢方では体の機能をチェックする"五行"というものさしがあり、肝・心・脾・肺・腎の5つで機能の現状を表します。

 

更年期の不調はなぜ起こる?

多くの女性は肝と腎の機能がダウン

 

漢方の"五行"は、体の機能や役割、臓腑、部位を大きく分けた生きるための柱。バランスよく働けば健康ですが、弱まると下のような不調が。更年期世代の女性は"肝"と"腎"の柱にトラブルが起こりがちです。

更年期からの漢方_五行

:肩コリ(右肩)、イライラ、じんましん、眼精疲労、不眠、アレルギー

:動悸、息切れ、立ちくらみ

:食欲不振、痩せすぎ

;息苦しい、鼻炎

:肩コリ(両肩)、うつうつ、疲れやすい、聞こえづらい、冷え、高血圧

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第1回
更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!①/樫出恒代:更年期からの漢方入門(前編)不調は肝と腎のトラブルから?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top