OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/157599/

横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』初めての京都ぶら~り一人旅①思い立ったが吉日♥

横森理香

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

OurAgeの更年期チャレンジ連載をまとめたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』好評発売中! 最新刊は『大人女子力検定』。

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。日本大人女子協会代表。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

更年期の不調から脱するため、様々なチャレンジをしてきた作家・横森理香。

閉経前後の体験を描いた『コーネンキなんてこわくない』(集英社刊)は、

“コーネンキ”を明るく乗り越えられるパワーが湧いてくる一冊だ。

さて、その後も、更年期な日々を快適に過ごすための挑戦は続き、

今回は、なんと京都一人旅にチャレンジ!! 

これまで数々迷ってきた”超ド級”の方向音痴である横森さん、はたして大丈夫なのか!?

 

 

そうだ! 京都行こう、と思いたったはいいけれど・・・・・・

 

 

 私を京都に導いたのは、この一枚の写真だった。

 

そうだ、京都行こう! とひらめいたパンフレットの写真。

 

 

施術しているのは、友人の義妹だという。パンフレットの写真の下には小さく、「フィンドホーン」にて、と書いてあるではないか!

 

「フィンドホーン」といったら、人間として大切なものについて啓蒙し続けた女性哲学者アイリーン・キャディが設立した瞑想の聖地。北スコットランドの森の中にあるという。そげなところまで行ってボディワークの修業をした日本人が、京都にいるとは!

 

ボディワークはただのマッサージと違って、全身の「気」を流し、心身のバランスを整えるものだから、施術をする環境も大事だ。

 

う~ん、ぜひその施術、京都で受けてみたい!

 

 

秋に大阪でトークショーがあったので、その足で京都に行けば行けるのだが、一人で京都かぁ・・・と思い、編集者Kを誘うと、

 

「そんなもん、一人で行ってこいや!」

 

と一喝。

 

「大人なんだしさ、一人のほうが気楽でいいよー。わたしゃその時期、やっと夏休みが取れて別府で湯治してるから」

 

私たち世代はもう子供も大人になってしまい、家族旅行もなくなるから、一人でなんでもできるようにならないと、人生楽しめないよ! と編集者Kは言うのである。

 

「コーネンキなんてこわくない」どころか、老年期なんて怖くない! という状態に、私を調教しようとしているのである。

 

ふんっ、いいもん、いいもん、一人でできるもん!

 

と、なかばイジけた持ちで、一人旅の準備を始めた。

 

 

まず、新幹線の回数券はトークショーの主催者からいただいたものの、指定席の確保をせねばならなかった。こういうのも、今までぜーんぶ編集者まかせだっただから、久しぶりの「みどりの窓口」だ。

 

渋谷の「みどりの窓口」、最近改装されたのは知っていたが、入ってカウンターに並んでみると、なんとそこは「外国人専用カウンター」だった。

 

「日本人の方ですよね? あちらにお並びください」

 

って、ひえ~、こういうことも、しばらくやってないと浦島太郎になってしまうのね~。

 

前頭葉活性化しまくりで、キラキラしながら編集者Kにライン。

 

 

「新幹線、指定席取れたよー」

 

「よしっ」

 

「今回、K一緒じゃないから、グーグルマップ練習しなきゃ」

 

既読スルーw

 

私は、自慢じゃないが、無類の方向音痴である。土地勘がないところは大抵、目的地とは真逆に進む癖がある。

 

そして、グーグルマップが使いこなせない。というか、ググっても、まったく違う方向に進むから同じなのだ。

 

最終的には、ものすごーく近いところにいてもたどり着けないので、タクシーに乗ることになる。

 

でもま、それで死ぬわけじゃないし、いっかw

 

まずは、一人旅に出る準備をば!!

 

 

ホテルと豆餅を予約!!

 

友人に、写真でみたボディワークを京都でやっている義妹の水田慶子さん(以下慶ちゃん)とラインをつなげてもらって、一乗寺にあるサロンに行くには宿泊をどこにすればいいのか聞いた。

 

銀閣寺のさらに北だという。

 

って言われても、さっぱりわからない。京都駅からも、いわゆる観光で訪れる界隈からも、随分と離れているらしい。

 

「ホテルがある辺りだと、御所周辺ならそれほど遠くないと思います」

 

「朝散歩するには、どこが気持ちいいですか?」

 

ここんとこ歩いてないし、京都観光を利用して、ガッツリ一人で一万歩越えウォークをしようという魂胆である。

 

「御所が気持ちいいです。また、ホテルがある周辺からは少し離れてますが、下鴨神社がオススメです。糺(ただす)の森はとても『気』のよい場所なので、寄ってらしてもいいかもしれません」

 

下鴨神社、街中にあって広大な森を有する世界遺産だ。

 

雑誌やムックで京都ものを読んでみるものの、地図は頭には入らない・・・。

 

 

人は自然に触れることで、心身の健康を取り戻すという。きっとパワスポに違いないし、「糺の森」を歩いて、慶ちゃんの施術を受けたら、若返ること間違いなし!!

 

私は、京都御所よりなぜか下鴨神社に魅かれた。Booking.comで検索すると、下鴨神社に歩いて行ける宿があるではないか!

 

でも、最寄り駅「出町柳」ってどこ? ま、いーや、グーグルマップでどこでも行けるさっ(強気)。ポチ✨

 

 

 

「こんな宿、取れました(^^)/」

 

慶ちゃんにラインすると、

 

「素敵ですね!  出町柳に宿があるとは知りませんでした」

 

へ~、京都に住む人でも知らないんだ~。

 

出町柳は大阪の淀屋橋から京都に行く京阪電車の終点。京都大学のお膝元だった。

 

「出町柳なら、デパートの京都展にも出展される『出町ふたば』の”名代 豆餅”が有名です。予約されてくといいですよ。並ばずにすぐ買えます」

 

との情報も。豆餅といっても、写真を見ると豆大福である。保存料を使用していないので、お買い上げ当日の賞味期限だと。

 

「ま、それは手持ちで持ち帰るとして・・・」

 

私は「出町ふたば」の豆餅五個を電話予約し、荷物をちっちゃいトランクに詰めて、「鞠小路イン」に送った。荷物がメンドイので、国内旅行の際はいつも宅急便で別送するのだ。

 

その旨伝えようと宿に電話をすると、気さくな外国人男性の温かい対応が・・・。

 

「お荷物ですかぁ? ぜーんぜん問題ないですね~✨」

 

なまった日本語。でもいい人そう。うーん。なんだかおもしろくなって来たぞっ。

 

 

 

 ・・・さて、準備はできた!!  京都一人旅やいかに?? 次回をお楽しみに!! ・・・・・・

 

 

★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!
お近くの書店、WEB書店(amazon楽天ブックスセブンネットショッピングなど)でお求めください。
ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★

横森本カバーおびあり

作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。

(集英社 定価 本体¥1,400+税)

<前の記事

<前の記事
第21回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「世界遺産・平泉へ!!③パワースポットに空飛ぶ団子!?の巻」…

次の記事>

次の記事>
第23回/横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』初めての京都ぶら~り一人旅②大阪から京都へ!…

この連載の最新記事

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

第33回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

第32回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」

第31回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル