横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』初めての京都ぶら~り一人旅①思い立ったが吉日♥

プロフィール写真

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

OurAgeの更年期チャレンジ連載をまとめたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』好評発売中! 最新刊は『大人女子力検定』。

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。日本大人女子協会代表。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

更年期の不調から脱するため、様々なチャレンジをしてきた作家・横森理香。

閉経前後の体験を描いた『コーネンキなんてこわくない』(集英社刊)は、

“コーネンキ”を明るく乗り越えられるパワーが湧いてくる一冊だ。

さて、その後も、更年期な日々を快適に過ごすための挑戦は続き、

今回は、なんと京都一人旅にチャレンジ!! 

これまで数々迷ってきた”超ド級”の方向音痴である横森さん、はたして大丈夫なのか!?

 

 

そうだ! 京都行こう、と思いたったはいいけれど・・・・・・

 

 

 私を京都に導いたのは、この一枚の写真だった。

 

そうだ、京都行こう! とひらめいたパンフレットの写真。

 

 

施術しているのは、友人の義妹だという。パンフレットの写真の下には小さく、「フィンドホーン」にて、と書いてあるではないか!

 

「フィンドホーン」といったら、人間として大切なものについて啓蒙し続けた女性哲学者アイリーン・キャディが設立した瞑想の聖地。北スコットランドの森の中にあるという。そげなところまで行ってボディワークの修業をした日本人が、京都にいるとは!

 

ボディワークはただのマッサージと違って、全身の「気」を流し、心身のバランスを整えるものだから、施術をする環境も大事だ。

 

う~ん、ぜひその施術、京都で受けてみたい!

 

 

秋に大阪でトークショーがあったので、その足で京都に行けば行けるのだが、一人で京都かぁ・・・と思い、編集者Kを誘うと、

 

「そんなもん、一人で行ってこいや!」

 

と一喝。

 

「大人なんだしさ、一人のほうが気楽でいいよー。わたしゃその時期、やっと夏休みが取れて別府で湯治してるから」

 

私たち世代はもう子供も大人になってしまい、家族旅行もなくなるから、一人でなんでもできるようにならないと、人生楽しめないよ! と編集者Kは言うのである。

 

「コーネンキなんてこわくない」どころか、老年期なんて怖くない! という状態に、私を調教しようとしているのである。

 

ふんっ、いいもん、いいもん、一人でできるもん!

 

と、なかばイジけた持ちで、一人旅の準備を始めた。

 

 

まず、新幹線の回数券はトークショーの主催者からいただいたものの、指定席の確保をせねばならなかった。こういうのも、今までぜーんぶ編集者まかせだっただから、久しぶりの「みどりの窓口」だ。

 

渋谷の「みどりの窓口」、最近改装されたのは知っていたが、入ってカウンターに並んでみると、なんとそこは「外国人専用カウンター」だった。

 

「日本人の方ですよね? あちらにお並びください」

 

って、ひえ~、こういうことも、しばらくやってないと浦島太郎になってしまうのね~。

 

前頭葉活性化しまくりで、キラキラしながら編集者Kにライン。

 

 

「新幹線、指定席取れたよー」

 

「よしっ」

 

「今回、K一緒じゃないから、グーグルマップ練習しなきゃ」

 

既読スルーw

 

私は、自慢じゃないが、無類の方向音痴である。土地勘がないところは大抵、目的地とは真逆に進む癖がある。

 

そして、グーグルマップが使いこなせない。というか、ググっても、まったく違う方向に進むから同じなのだ。

 

最終的には、ものすごーく近いところにいてもたどり着けないので、タクシーに乗ることになる。

 

でもま、それで死ぬわけじゃないし、いっかw

 

まずは、一人旅に出る準備をば!!

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第22回
横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』初めての京都ぶら~り一人旅①思い立ったが吉日♥


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top