横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』初めての京都ぶら~り一人旅④最終ミッション、ボディワークを受けに

プロフィール写真

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

著書に『50歳からの自分メンテナンス術』『50歳から誰より輝くアンチエイジング魂』など。

OurAgeの更年期チャレンジ連載をまとめたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』好評発売中!

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。日本大人女子協会代表。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

大人女子のためのエッセイが大人気の作家・横森理香。

著書『コーネンキなんてこわくない』(集英社刊)は、

“コーネンキ”を明るく乗り越えられるヒントいっぱいの一冊だ。

今回は無類の方向音痴を自認する横森さんが京都一人旅にチャレンジ!!

いろいろありつつも、最終目的地のボディワークサロンへ・・・! 

 

いよいよボディワークを受けに行く!!

 

「出町ふたば」の豆餅で小腹をふさぎ、叡山電鉄に飛び乗り、「一乗」駅へ。

 

マークがお洒落♥ 比叡電鉄に乗り、一人サロンへ。

 

ラインで送られて来た説明を頼りに進み、徒歩十分で無事、慶ちゃんのサロン、エサレンボディーワーク Calmに辿り着いた。

 

この辺はもう、山に近いエリアである。叡山電鉄で終点まで行くと、そこは鞍馬山なのだった。

 

 

サロンにはきれいなクリスタルファウンテンが♥

 

 

施術室は落ち着いた和室。

 

慶ちゃんは細くて色白、透明感のある美人さんだった。

 

「エサレンのことはご存知でしたか?」

 

慶ちゃんの施術は、エサレンボディワークという。

 

「ええ、十年前、ファイブリズムズというダンスセラピーの取材で知りました。アメリカのエサレン研究所発祥の施術ですよね? でも、なんでフィンドホーンで?」

 

「エサレンの手技は先生によって異っていて。優しい圧でさらさら~っと全身を撫でたり揉みほぐす手技もあれば、私の習った先生のように肘を使って圧をかけるディープなワークで肉体的なコリも緩めながら滞った気血の流れを良くするものもあります。

私の先生の場合はフィンドホーンでの認定だったんですよ」

 

エサレンボディワークの認定証。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第25回
横森理香の更年期チャレンジ『コーネンキなんてこわくない』初めての京都ぶら~り一人旅④最終ミッション、ボディワークを受けに


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
To Top