更年期の不調1「骨盤底筋」①更年期世代西村知美さんが産婦人科医を直撃


OurAgeはスタート以来5年、更年期世代の体の悩みに向き合い、取材してきました。その結果、更年期ならではの切実なトラブル5つが判明。その5つとは、「尿漏れ」「膣トラブル」「手の不調」「足の不調」「下半身の筋肉不足」。本連載では、それらの最新情報や知見を、改めて取材して順にお届けします。まずは、尿漏れのカギを握る「骨盤底筋」からスタート!

 

1.尿もれのカギはここが握っている「骨盤底筋」

 

 

更年期世代・西村知美さんが産婦人科医松峯先生を直撃!

「どうして骨盤底筋が大切なんですか?」

 

40代になってから頻尿と尿もれに悩んでいる西村知美さんが、産婦人科医の松峯寿美先生に直撃取材。

OurAge世代の多くが悩む尿もれと、そのカギを握る骨盤底筋について、じっくり教えていただきました。

 

[西村さん]ブラウス・スカート/リファクトリィ(ジェイ・フェリー)

 

 

西村知美さん
Tomomi Nishimura

1970年生まれ。’85年に第1回ミス・モモコグランプリで優勝。’86年の映画『ドン松五郎の生活』で主演デビュー。’97年に西尾拓美さんと結婚、2003年に長女が誕生した。現在はバラエティ番組を中心に、幅広い分野で活躍中

 

松峯寿美さん
Hisami Matsumine

1970年、東京女子医科大学卒業。医学博士(婦人科)。特に不妊治療、思春期・更年期医療に力を注ぐ。’80年に東峯婦人クリニックを開業、院長に就任。女性専門外来の先駆けとなる。著書に『50歳からの婦人科 こころとからだのセルフケア』(高橋書店)などがある

 

 

 

10年以上前のお産が
尿もれの原因になっていた⁉

 

西村 私は若い頃からトイレが近く、40代になってからは尿もれも気になりはじめました。市販の尿もれパッドも使用していますが、頻度が増えると夏場はにおいが気になって…。仕事中はもちろんのこと、舞台や映画を観に行ってもトイレが心配で、目の前のことに集中できず困っています。

 

松峯 西村さんにはお子さんがいらっしゃるそうですが、出産は何歳のときですか?

 

西村 32歳のときです。計画出産で陣痛促進剤を使いました。陣痛が始まった23時間後に、3444gの女の子が生まれました。

 

松峯 ちょっと大きいですね。

 

西村 そうなんです。そのままだと大きくなりすぎて自然分娩は難しいと言われ、計画分娩になったんです。

 

松峯 なるほど、そこからなのね。あなたは体が華奢だからその大きさはちょっとつらい。安産だったと考えているでしょうけれど、相当無理して出したと思いますよ。ゆっくりゆっくり伸ばしていけば大きなダメージはないけれど、促進剤で一気に出したから。そのときは何ともなくても、あとになって影響が出てくることはよくあります。

 

西村 そうなんですね! もう10年以上たっているので、お産と結びつけて考えたことはなかったです。

 

松峯 お産は、体にものすごく大きな負担がかかる行為。なかには尿失禁どころか、子宮が外に飛び出してしまう子宮脱になる人もいるんですよ。いずれもQOL(生活の質)が落ちますし、子宮脱の場合は痛みや出血などの症状が伴うので、手術が必要になります。

 

次回もまた引き続き、西村知美さんが松峯先生にお話を伺っていきます。

 

 

撮影/織田桂子 ヘア&メイク/営野 充(STUDIO KUMU)〈西村さん〉 スタイリスト/三上しろえ〈西村さん〉 イラスト/内藤しなこ 構成・原文/上田恵子

MyAge購入バナー(正)

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top