OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

横森理香

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

著書に『50歳からの自分メンテナンス術』『50歳から誰より輝くアンチエイジング魂』など。

OurAgeの更年期チャレンジ連載をまとめたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』好評発売中!

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。日本大人女子協会代表。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

更年期の不調から脱するため、様々なチャレンジをし、その体験をまとめた

エッセイ『コーネンキなんてこわくない』(集英社刊)も好評の作家・横森理香。

コーネンキを明るく乗り越えるパワーチャージのため、お出かけはマスト。

今回、講演会で訪れた島根県松江市でも、合間にあちこち散策を!!

 

  

大人女子の気持ちを癒す古都・松江

 

 

松江に一歩足を踏み入れたら、「不昧公(ふまいこう)好み」というワードなくして旅はできない。

 

「は? なんすかそれ?」

 

と最初は思うだろう。歴女でない限り。

 

「ワタクシ、歴女ではなくって、美魔女ですのよ、オーホッホッホッ」

 

と、かましてみてもいいかもしれない。

 

松江藩七代目の藩主、松平治郷(はるさと)公は、またの名を「不昧公」といって、松江にお茶事を広めたお殿様♥

 

月照寺の書院にある「不昧公」こと松平治郷公の軸

 

風流を嗜まれ、一年を通してお茶会に用いたお菓子が、今の松江でも楽しまれている。

 

お菓子だけでなく料理、調度品や生活様式の全てに「不昧公好み」が感じられ、松江全体のお洒落と美食を彩っているのだ。

 

このお殿様、庶民にもお茶とお菓子を振る舞われたところ、争いごとがなくなり、結果、藩の生産性が上がったというのだから、侮れない。

 

松江城のまわり、お堀の周辺は実に美しく、古都の情緒たっぷり。白壁が続き、小泉八雲の屋敷もある。

 

 

小泉八雲ことラフカディオ・オハーンは、アメリカの出版社の通信員として松江に入ったのだが、契約を破棄して住み着いてしまった。

 

「八雲の気持ち、わかるわぁ・・・」

 

今回、松江を旅して、あまりにも居心地が良く、食べ物が美味しいので、私だって住みたくなった。

 

出雲の神代から現代に至る歴史を知り、色んな時代にタイムトリップすることも出来た。大人女子にとって京都は定番だが、松江は未知。驚きがいっぱいだ。

 

 

強くて粋な女性が生きていた町

 

松江に行ったらぜひ召し上がって欲しいのが、「蓬莱吉日庵」の「玄舟お加代弁当」✨

 

松江藩の酌婦の一人でありながら、機転を利かせて藩を救ったお加代。

 

粋でいなせなお加代の生き様に惚れこんだ「魚一」二代目が作った「お加代弁当」の復刻版を、姉妹店である「蓬莱吉日庵」でいただける。

 

お加代弁当はランチタイムのみ

 

はー、説明長くなったけどさ、このお弁当が素敵なの。私、京都に行った際、どうしても小学生のとき食べた引き出し弁当が食べたかったんだけど、今はもうなく・・・。この「お加代弁当」を食べたとき、これだ!!と。

 

美しい庭園を眺めながら、使い込んだ塗りの小箱に入ったお料理を堪能できる。

 

和室に絨毯を敷き、テーブルでいただけるのもまたお洒落。

 

調度品やプレゼンテーションも素敵で、大人女子の旅心を満たしてくれるのだ。

 

 

月照寺でお抹茶とお菓子を

 

そして、月照寺にはマストで行ってほしい。

 

紫陽花寺として有名だが、一年を通して素敵だと思う。私、今回、色々な神社仏閣を回った中で、月照寺が一番気に入ってしまった。

 

ここは、松平家代々のお墓が祀られるお寺なのだが、なんせ不昧公のお茶室があるのだ。

 

 

ここでも、お庭を眺めながらお抹茶とお菓子(不昧公好み✨)をいただける。

 

 

 

不昧公好みの調度品を観賞できる宝物殿もある。茶人・不昧公の全てが分かる贅沢な美術館で、特大涅槃図は圧巻!!

 

一族のお墓の中で一番見てほしいのが、初代直政公のお墓。

 

これがまぁ、バリ島はウブドゥの霊廟かと思われるような趣。竹藪と、季節のお花に囲まれた庭園の中にあり、歴史を感じさせる丸っこい石造りのお墓は、靄がかかってとっても神秘的だった。

 

 

蓮池もあり・・・うーん、大人女子としては、バリ島まで行くのも疲れるから、羽田から飛行機で一時間の島根でいいじゃん、という気もする。大人女子的に、なんか沁みるわ~、という風情があるのだ。

 

 

町のシンボル松江城へ

 

「松江に来たからには松江城に登らねば!!」

 

と編集者Kが張り切るので、松江城も登った。

 

本当はね、城の横にある迎賓館「興雲閣」を見学して、一階のカフェでお茶するだけでよかったんだけど、何故か早じまいしてて。

 

ミントグリーンの洋館で、ラウンドシェイプの窓が素敵な洋館。

 

「もー、ロングドレスで晩餐会に出席したい!!」

 

と、大人女子垂涎の館だ。

 

で、松江城はすごいよ。

 

 

急階段を裸足で上がるからね。階段というよりは梯子。

 

敵に攻め入られた際、撤去できるようになっている。そういった色々なカラクリがあるものの、結局、松江城は一度も攻め入られたことがないんだって。も、もしかして、神々に守られてる?

 

天守閣まで登りつめると、ふわーっと、いい風が吹いていた。

 

松江を360度見渡せる、見晴らしのいい天守閣だ。

 

ひーはーひーはー言いながら登った私は、汗だく。

 

「んな、大したことないじゃん」

 

と編集者Kは荒ぶるが、結構きつい。体力ない大人女子は、休み休み登ってね♡

 

古都・松江を堪能するには、お堀を船で回ることもできる。今回は高校講演会があったので、その時間はなかったが、次回はゆったりと御船にも乗りたい。

 

 

 

一校目の高校講演会が終わったあと、地元で有名な居酒屋「やまいち」で乾杯した。酒場詩人・吉田類も来た居酒屋だという。「吉田類の酒場放浪記」(テレビ番組)にも出たのかなぁ。

 

ともあれ、予約もなくぶらっと行って、入れて良かった! カウンターで、宍道湖の珍味をいただきながら、五時から呑み✨

 

松江市東本町4丁目1 営16:30~ 21:30 ☎ 0852-23-0223

 

宍道湖は、海水と淡水が混ざった湖なので、両方の魚介類が採れるという。地元新聞社の方によると、名物シジミ汁もここのが一番美味しいとか。

 

なんせ、獲れたてだから、その新鮮さたるや!!

 

もろげと呼ばれる海老を串刺しにして軽く焼いたもの、蟹の丸揚げ(ソフトシェルクラブ風)、海そうめんといわれる海藻、のどぐろの煮つけや甘鯛の焼き物、亀の爪みたいな貝も初めて食べた。

 

初めての松江は、初めての経験ばかりで、脳が活性化しまくり、アンチエイジングになった。

 

ほろ酔い気分で店を出、夕日スポットの現代美術館に向かおうと、タクシーを待った。すると、きゅきゅっと一台のタクシーがUターンして止まった。

 

「いやー、お客さんの後ろに大きな菩薩様が見えたんで、思わず引き返しちゃいました」

 

「え?!」

 

 

・・・・さて、どんな展開に!?続きを楽しみに・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!
お近くの書店、WEB書店(amazon楽天ブックスセブンネットショッピングなど)でお求めください。
ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★

横森本カバーおびあり

作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。

(集英社 定価 本体¥1,400+税)

<前の記事

<前の記事
第31回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」…

次の記事>

次の記事>
第33回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」…

この連載の最新記事

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

第33回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

第32回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」

第31回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル