心のクスリ(4)/あなたのストレス解消法は? ○○にハマる

プロフィール写真

帝京大学教育学部教授 臨床心理士

ライタ―として「女性の生と性の健康と権利」(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)に関するテーマの取材を多数経験。
40代で大学院に入り、教育・発達心理学、臨床心理学を学ぶ。教育学博士。
スクールカウンセラー等を経て現職。
著書に『みんなで考える家族・家庭支援論』(編著・同文書院)、『フランスにはなぜ恋愛スキャンダルがないのか』(共著・角川ソフィア文庫)など。

古墳大好き!
3月になってやっと長かった風邪から足を洗いました。これで治ったぞ!という境目の日があり、それは3月初めに壱岐に旅した日。レキジョ(歴女)旅仲間の友人とは、これまであちこちの史跡を旅してきたのですが、いま私がハマってるのが古墳時代。

 

近くは「さきたま古墳群」(ここ素晴らしいです)、住んでいる多摩地域の小さな古墳(飛鳥時代。八角形の珍しい形)、遠くは韓国・慶州(キョンジュ:新羅の都)や金海(キメ:伽耶[カヤ]があったところ)の王墓も見に行きました。
壱岐は、博多⇔壱岐⇔対馬⇔釜山という朝鮮半島と日本を結ぶ最短ルートの旅の最後の地で、念願の場所でした。「魏志倭人伝」の旅のルートと同じですね。

みんなの更年期

壱岐の「原の辻遺跡」は弥生時代の大規模集落。邪馬台国を彷彿とさせる

 

古代の韓流ブーム
もともと古代史ファンなのだけど、そこに拍車がかかったのが、韓国ドラマ「善徳(ソンドク)女王」を観たこと。これ、日本でいうと飛鳥時代の女帝である持統天皇とほぼ同時代なのですね。ヤマトにも新羅にも女王がいたというのは何かつながりを感じ、ワクワクしますね。

 

古墳時代から飛鳥時代は、朝鮮半島から大陸の先進文化が大量に入ってきた古代の韓流ブーム。すごく交流が盛んだったことが古墳の副葬品などの遺物からよくわかります。豪華な金の冠、宝石でできたアクセサリー、装飾馬具、鉄の剣・・・日本の古墳時代の出土品は、新羅や百済、伽耶など朝鮮半島由来のものが多いのです。私がみたなかでは、新羅の都だった慶州の国立博物館に展示してあるものが一番豪華でした。

 

壱岐は魏志倭人伝に書かれているように、弥生時代の大きな遺跡が出て、また古墳も小さな島なのに260以上、円墳から前方後円墳から規模の大きなものがあり、大満足でした。たった2日の旅でしたが、古代への想いを馳せて、ワクワク感を満喫したせいで、風邪はどこかへ飛んでいきました。私の最高のストレス解消法です。

みんなの更年期

韓国・慶州の古墳群

みんなの更年期

善徳女王のつくった東洋初の天文台といわれる建造物。石の数が、4、12、365など暦を表す

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第11回
心のクスリ(4)/あなたのストレス解消法は? ○○にハマる

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(3)

    いまの匿名になってしまいましたが、草野いづみでした。すみません。

    草野いづみ - 2015年4月4日 16:00

    まやこさん
    いつも読んでくださってありがとうございます!
     共感ポイント、一致点が多くて、すごく嬉しいです。
    聖徳太子の漫画って、もしかして山岸凉子のとか?私も大ファンです。
     話はマニアックになりますが、こないだCSみてたら10数年前の本木雅弘さん主演のドラマ「聖徳太子」をやっていて、そこになんとまだ若い頃のソル・ギョングさんが出演してました(ナムギルさんとも共演してますよね。いまや韓国映画に欠かせない大俳優)。当時のヤマト朝廷では日本語と韓国語と両方話しているというのがナルホドという感じでした。
     似てるけど違う文化に惹かれるというのも同感です。ミナさんからナムギルさんのことをよくききますが、いい映画にどんどん出ていて楽しみですね〜

    匿名 - 2015年4月4日 15:59

    こんにちは(^^)
    以前コメントさせていただきました、みなさんブログファンです。
    更年期、当時よりだいぶ良くなってきました(^^)
    毎回楽しく読ませて頂いてます。今回、共感ポイントがいっぱいありました!

    まず古代史。私は主に漫画が多いですが、聖徳太子から持統天皇あたり、高校生時代よく読んでいました。なので、やはり善徳女王時代と日本の持統天皇あたりが重なると知ったときは嬉しかったですね~。

    そして、韓流にはまる理由も、まさにドンピシャでした。
    日本だと自分のことに当てはまってしまうので、現実逃避して楽しめないし、西洋人では見た目も感覚も違いすぎて入り込めない。
    日本人と似ている所が多いのに、違う文化、言葉に惹かれるんだな~と常々考えていました。

    ナムギルはそんな親近感ある世界で見つけたからこそ、こんなにはまっちゃったのかな、と思います(^^)

    まやこ - 2015年3月31日 13:34
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top