心のクスリ(5)/病気になって考えた。日々、楽しく在ることの幸せ!

プロフィール写真

帝京大学教育学部教授 臨床心理士

ライタ―として「女性の生と性の健康と権利」(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)に関するテーマの取材を多数経験。
40代で大学院に入り、教育・発達心理学、臨床心理学を学ぶ。教育学博士。
スクールカウンセラー等を経て現職。
著書に『みんなで考える家族・家庭支援論』(編著・同文書院)、『フランスにはなぜ恋愛スキャンダルがないのか』(共著・角川ソフィア文庫)など。

すぐそこにある自然

 

お久しぶりです。慌ただしい4月が一気に過ぎ、心待ちにしていた5月の連休もいつのまにかおわり、子どもの頃に比べて年を取ると季節が過ぎるのがなぜこんなに早いんだろ、と思う毎日。ぼやっとしていると貴重な人生の時間がユビの隙間からこぼれ落ちてしまいそう。そこで、新緑の五月を味わうため、近くの緑地をお弁当を持ってハイキングしました。

 

 

町田市にある都立の小山田緑地は、私の家からも頑張れば歩いて行ける多摩の丘陵にある緑地公園。園内と周辺をゆっくり歩けば2〜3時間は散策を楽しめます。
野の草花の咲く山道や吊り橋、蛙に会える湿地帯や池、田んぼや畑など、昔ながらの多摩の里山の風景に出会えます。授業で“身近な環境”をテーマにしているので教材研究の意味もあったのですが、車通りや住宅地からちょっと入ったところにこんな自然があるなんて! と、宝物を見つけた気分でしたよ。

 

みんなの更年期

カエルちゃん、こんにちは

 

みんなの更年期

タチイヌフグリ(だと思う)

 

みんなの更年期

神秘的な池

 

20代からの子宮筋腫を40代で手術

 

緑地を一緒にお散歩したのは、このコラムにときどきご登場いただいているミナさんです。歩きながら、2年前の手術の体験をききました。

 

 

ミナさんが子宮筋腫があることを知ったのは20代のとき。長男の妊娠で産婦人科を受診した際、筋腫がいくつかあり、卵巣のう腫ぎみであることを医師に告げられました。でも、いずれも小さく、差し障りがあるほどではないので、そのまま治療しないまま出産。2年後に長女を出産した後、年1回の定期検診で様子をみていました。

 

 

月経の量が多くなったと感じたのは40代に入った頃。高校生の長男が野球部だった関係で母親たちが練習や合宿の手伝いをする機会が多く、トイレのままならない野外では、量の多い人向けの枕くらい大きな医療用のナプキンを使わないと間に合わないほどになり、また毎年受けていた人間ドックで「貧血」といわれたため、改めて産婦人科を受診することにしました。

 

シェア ツイート LINEで送る
第12回
心のクスリ(5)/病気になって考えた。日々、楽しく在ることの幸せ!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top