横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第1回「更年期がやって来た!」

 

そして一週間後、まんまと生理がやって来た。四カ月ぶりだったからか、それはもう派手に。二日目の夜、ベッドは殺人現場か? と思うぐらいに血が溢れ、夜中に何度も、血で汚れた寝具をアルカリウォッシュに漬け、着替えた。

 

「いやなんですけど、もう仕方がないです」

 

ぶつくさ言いながら、私はまたお注射をしてもらった。そして、その副作用に悩んだ。人によっては、ひどい頭痛に悩まされるという。私はまた、ひどい肩こりと小指の痺れが気になった。

 

なんだかこのまま、リュープリンを打ち続けたら、人間変わっちゃいそうな気がした。自然に女性ホルモンが出なくなる更年期より、人工的なだけに症状がキッツイ気がする。

 

私は、有名教授先生とイケメン准教授のいる大学病院から、懐かしい爺ちゃん先生のいる、娘を産んだクリニックに転院した。   爺ちゃん先生は内診のあと、

 

「ついでに全部取っちゃってもらえばよかったのに~。ものはついでだよ」

 

と言った。

 

「でも、年齢的に見てそろそろ閉経だから、治療はしなくていいよ~」

 

リュープリンも必要ないさ~、と言ってくれたのだ。うっしっし。

 

 

その後、四カ月生理はなかった。

 

爺ちゃん先生の言う通り、そろそろ閉経かと思いきや、三月にまたドーンと大量の生理がやって来た。これがまた過長月経で、一カ月も続いたのだ。

 

その長い生理が終わった頃、今度はナチュラルな、ホットフラッシュがやって来た。リュープリンの副作用は、薬が切れた時点でなくなっていたが、もっとひどい汗っかきと相成ったのである。   季節は夏に向かっていた。

 

ホットフラッシュの必需品。可愛い汗拭きタオルハンカチ各種・団扇・扇子。

ホットフラッシュの必需品。可愛い汗拭きタオルハンカチ各種・団扇・扇子。

 

 

 

ひどい肩こりと、汗で寝苦しい、というのも体験した。夜中に二度も、大汗かいて、パンツまで全とっかえするハメになったのである。 生まれて初めて、涼感寝具や、涼感パジャマのありがたみも知った。

 

ほてる季節に。涼感シーツと枕カバー、アイスケット、蒸れない フンドシパンツ!

ほてる季節に。涼感シーツと枕カバー、アイスケット、蒸れない フンドシパンツ!

 

 

更年期症状があんまりひどいので、試行錯誤しながら色々な対策をしてみた。 一カ月ぐらいすると、ひどい肩こりがなくなって来て、ホットフラッシュも和らいできた。   しかし、そのためか八月にまた、ドーンと大量出血の生理が来てしまったのである。

 

これがまた、四十日もだらだら続いたのだ。私は悩んでいた。爺ちゃん先生はなんにも処方してくれないし、自己流で女性ホルモン様のサプリを摂ると、また生理が大量&過長にやってきてしまう。   どうすりゃいいんだ、この私。

 

何かこう、今の私にピタッとくる診断と処方をしてくれる先生はいないものか。「更年期外来」とか、行ったほうがいいのかもしれない。それも、やっぱり同年代の、女性の先生がいい。   男なんて、男なんてー!    爺ちゃん先生も教授先生も、イケメンドクターも頼りになりゃしない!

 

そんなとき、「My Age」でカリスマ女医70数人を束ねているという編集者Tが、

 

「いい先生、紹介しますよ~」

 

と声をかけて来た。   あ、怪しいっ。

 

 

・・・・・・第2回に続く・・・・・

シェア ツイート LINEで送る
第1回
横森理香の更年期チャレンジ! 「コーネンキなんてこわくない」第1回「更年期がやって来た!」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top