これからどう住む? コレクティブハウス見学記(2) 自分たちで創る暮らしのポリシーとは

プロフィール写真

帝京大学教育学部教授 臨床心理士

ライタ―として「女性の生と性の健康と権利」(リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)に関するテーマの取材を多数経験。
40代で大学院に入り、教育・発達心理学、臨床心理学を学ぶ。教育学博士。
スクールカウンセラー等を経て現職。
著書に『みんなで考える家族・家庭支援論』(編著・同文書院)、『フランスにはなぜ恋愛スキャンダルがないのか』(共著・角川ソフィア文庫)など。

 

かんかん森の意味
前回、書き忘れてしまったのですが、「コレクティブハウスかんかん森」って面白い名前ですよね。近くにある「神々森猿田彦神社」(荒川区東日暮里)に由来する「かんかん森通り」に面しているからだそうです。江戸情緒の残る歴史ある土地っていいなあ。

 

 

 

縁あってコレクティブハウスを見学して以来、私はこれからどんなふうに暮らしていきたいんだろ、と改めて考えるようになりました。

 

 

ひとりの自由な時間と場所は持ちたい。でも全くひとりぼっちもさみしい。近くに人の気配があって声が聞こえたり、話したり、一緒にご飯食べたり、誰かの役に立ったり・・・人の温もりが感じられる空間にいたいという気持ちも、だんだん強くなってきました。

 

 

それが家族であってもいいけれど、家族の関係ってつい縛りあったり、期待しすぎたり、意外と距離感が難しい。同居していても親や配偶者が先に亡くなったり、子どもは巣立っていくから、年をとってから急に一人暮らしになる場合も少なくありません。一人暮らしが不安で高齢者のホームに入るとしても、そこに人がいればよいというわけでもない。これまで生きてきた価値観や考え方がぜんぜん違う人たちと暮らすのはツライし。高齢者ばっかりというのもどうなんだろう? と考えてしまいます。

 

 

 

コレクティブハウスはこうした私の思いを解決してくれるのかな? と思いつつ、「コレクティブハウスかんかん森」の立ち上げから関わっている坂元良江さんに、そもそもからのお話をうかがいました。
私がいいな〜と思ったところをあげてみると・・・

 

私の更年期_photo

坂元良江さん:自室で(撮影/松本路子)

 

 

 

その1 始まりはスウェーデンの子育てママたち

「コレクティブハウスかんかん森」がスタートしたのは2003年。でもその実現を目指した活動が始まったのはさらに16年前にさかのぼります。スウェーデンのコレクティブハウスを紹介した建築家の小谷部育子さんが、日本で初のコレクティブハウスを作るべく、「この指とまって!」と一緒に活動する人を募り、即、とまったのが坂元さんだったとか。

 

 

坂元さんはフルタイムで働き続ける女性が少数派だった時代に、結婚・出産・子育てをしながらTVプロデューサーの仕事を続け、妊娠して子どもを預ける所がないと、自分たちで共同保育所を作ったという経歴もあり。コレクティブハウスの前にも古民家をリフォームしたシェアハウスでの共同生活の経験もあり。まさに望むものがなければ「つくってしまおう」という実行力の持ち主です。

 

 

コレクティブハウスは1960年代にスウェーデンの働く女性たちの運動で始まったのだそうです。独立した住居で暮らしつつ、豊富な共有スペースを持ち、一緒に食事や行事を楽しんだり、子育てをシェアする、という住まい方はスウェーデンや北欧に広まりました。

 

 

男女平等に仕事も家事や育児もシェアする、それを小さな核家族の中で完結するのではなく、もっと外に開いて、家族以外の他者も関わるという暮らし方に共感した人たちが、日本での実現を目指しました。
コレクティブハウスを作るまでには、居住予定者と、このために立ち上げたNPO、建設にあたった会社とが何年も話し合いながらプランを練り、何十回もワークショップを開いて「どんなふうに暮らしたいか」を徐々に形にしていきました。それがコモンミールやコモンスペースなど、「コレクティブハウスかんかん森」のユニークな仕組みに表現されているのです。

 

私の更年期_photo

掲示板:居住者同士のいろいろな連絡に

 

 

 

その2 多世代が自然に交流 
「コレクティブハウスかんかん森」には現在、子育て家族、高齢者を含むシングルなど、1歳から70代まで28戸、36人の大人と14人の子どもが住んでいます。子育て中のお母さんやお父さんがいつもより帰りが遅くなるとき、掲示板などで、「子どもを預かってほしい!」と求めると、手のあいている人が引き受けてくれます(そんなときはかんかん森通貨で御礼をするとか)。

 

 

私も子どもはけっこう得意分野。自分の子どもや孫でなくても、小さな子と関わる機会があるのはちょっとした楽しみかも(毎日でなければネ)。また子どもにとっても親以外の大人との交流は、育つうえで良いことだなと思います。
逆に、一人暮らしの人が体の具合が悪いときや、何か1人でできなくて助けがほしいときにHELP!を発信し、受け止めてもらえるというのも心強い。ここは、そうした声かけや助け合いが自然と生まれやすい仕組みになっていると感じました。

 

私の更年期_photo

コモンキッチン:お当番も楽しそう(撮影/松本路子)

 

シェア ツイート LINEで送る
第16回
これからどう住む? コレクティブハウス見学記(2) 自分たちで創る暮らしのポリシーとは

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top