OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/69289/

中東カタールに行ってきました。

朝倉匠子

朝倉匠子

エイジング・スペシャリスト。
学生時代よりコマーシャルモデル、その後テレビ司会や経済インタビュアーとして活躍した後、渡米。加齢学などを学び、現在は「アクティブ・エイジング」を提唱する。
NPO法人アンチエイジングネットワーク 理事。青山学院大学ジェロントロジー研究所 客員研究員。抗加齢医学会 正会員。
http://shokoasakura.com

記事一覧を見る

中東に行ってきました。カタール、ドバイ、オマーン。私にとって初めてのイスラムです!いやあ、西洋の価値観とは全く違う世界がこの世にはこんなに大きく存在しているのだ(イスラム教の人口は世界の24%)ということを痛感させられる旅でした。

朝倉さん 姉妹

 理科女の姉とドーハショッピングセンター前で

 

 

まず初めに訪れたカタール、親戚が大使を勤めています。東京からは直行便があり、所要時間は12時間、やはり遠いです。モノレールも走る超近代的な空港から車で首都ドーハに向かいます。道の右側に広がる真っ青な湾を隔て、突如蜃気楼のようにビル群があらわれます。オイルマネー(カタールはガスですが)で世界中の建築家に好きなように作らせた超個性的なビルのオンパレード。どれ一つ同じ形もなければ、定番の長方形のビルもありません。増殖するキノコのような建物、完全にくの字に折れ曲がっているビル・・・

朝倉さん カタール

蜃気楼ではありません

個性的なビルが建ち並ぶドーハ中心

 

 

迎えに来てくれた30数年前カタールのガス開発に携わった方に言わせると当時はアメリカ系ホテルのビルが1つだけあったそうです。だとすると都市とは長い歴史と文化が積み上げられた結果として出来るものではなくなった?

「30年でできたものは100年後も同じように存在する保証はありません」

彼の言葉にちょっとギクリとしました。

朝倉さん 放送局

アルジャジーラ放送局のスタジオ

いつかテレビで見た世界

 

 

カタールの国籍を持つ人は人口の20%。他は海外からの労働者です。カタール人は家も教育も病院も無料。もちろん税金もありません。だから国民全員がいい暮らしを保証されています。でもカタール人の女性が外国人と結婚すると国籍は剥奪され、一切の恩恵はうけられません。男性は外国人女性と結婚してもカタール人であり続けます。欧米の価値観の我々としては理解しにくいきまりですね。

 

そして外国人女性はイスラム教への改宗が必須です。という事はイスラム教徒の人口は今後ますます多くなっていき、2030年には世界人口の30%を超えるそうです。日本にいるとピンと来ませんが、こういう価値観の世界があり、それが確実にひろがっているという事実に驚きました〜。

 

 

<前の記事

<前の記事
第48回/福島では3月11日の現実は、まだ何も終わっていないのです。…

次の記事>

次の記事>
第50回/次は、中東オマーンに行ってきました。…

この連載の最新記事

声のケアは「若々しく年を重ねる極意」の一つと確信しました!

第117回/声のケアは「若々しく年を重ねる極意」の一つと確信しました!

この冬の「The Fujiyama Sisters」のライブと「青山学院大学Gerontology研究所」の講演会のご案内です

第116回/この冬の「The Fujiyama Sisters」のライブと「青山学院大学Gerontology研究所」の講演会のご案内です

遊びすぎた夏の後は、青山学院大学で「難聴」の勉強会に参加。補聴器の進化に驚きました。

第115回/遊びすぎた夏の後は、青山学院大学で「難聴」の勉強会に参加。補聴器の進化に驚きました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル