OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ブラジル大使夫人のランチにお招きいただきました。

朝倉匠子

朝倉匠子

エイジング・スペシャリスト。
学生時代よりコマーシャルモデル、その後テレビ司会や経済インタビュアーとして活躍した後、渡米。加齢学などを学び、現在は「アクティブ・エイジング」を提唱する。
NPO法人アンチエイジングネットワーク 理事。青山学院大学ジェロントロジー研究所 客員研究員。抗加齢医学会 正会員。
http://shokoasakura.com

記事一覧を見る

前回はオーストリア大使帰国パーティーについて書きましたが、6月は夏休みで母国に帰る在日外国人のパーティーラッシュの月です。今週はごく親しい友人を招いてのブラジル大使夫人のランチにお招きいただきました。

朝倉さん マダム達

中央が大使婦人。夫人は184センチ。大使は190センチで5人のお子様も皆さん、背が高〜い‼️
夫人はヨーロッパの超名門出身ですが、いつもオープンで楽しくて、自然体。
その優しいお人柄が写真にも出ていますね。

 

 

12:30に同じアパートに住む古くからの友人でイタリア人のロザンナと可愛いお花のアレンジメントを買って伺いました。今回のゲストは7人、ロザンナとフランス人が3人、私を含め日本人が3人です。まずはサロンでapéritifをいただきました。最近の傾向ですが、マダム達は健康志向かダイエットか運転のためか、私以外にアルコールを頼んだ方は皆無(でも本場のカイペリーニャはメチャメチャ美味でした!)。

 

大使夫人から今回のゲストのご紹介を受け、約30分程度歓談します。その間ふたりのバトラーが私たちの周りを静かに回ってフィンガーフード(温かい塩味のチーズサブレとオニオンとルバーブのカナッペ)のサービスをしてくれます。そして孟宗竹が美しいテラスの席に移動です。

朝倉さん 庭

都心とは思えないこの感じ
お庭は決して広くはないのですが、上手いデザインです。

 

 

この公邸は日系ブラジル人建築家ルイ・オオタケ氏によって1983年に建てられました。高低差のある土地を木々の緑を効果的に使って広々と感じさせ、ドラマチックで清々しい空間を仕立て上げています。次に夫人が今日のテーブルの席順を決めます。私はロザンナとアート写真のプロデュースでパリと東京を往復するキャロリーヌの間に座りました。

朝倉さん セッティング

シンプルで暖かいセッティング
マダムのお人柄が溢れます。

 

 

今年1月に開催した我がフジヤマシスターズのディナーショーに10人以上の在日外国人が来てくださったので、彼女たちの間では私は「シンガー」になっているようで(笑)、ここでも嬉しい事に「すごく楽しかったという評判なので、次回は私も是非声をかけて欲しい」とおっしゃってくださいました。ランチでは政治の事などシリアスな話題はなく、国際版女子会といったところ。皆様日本の歴史や文化に大変詳しく、日本人の私は度々冷や汗が・・・。

 

メニューは前菜がトマトのゼリー寄せ ゆで卵のファルシー、メインがボイルミート、人参といんげんのソテー添え(サイドにライスとブラジル特有の豆煮込みフェジョン)、デザートはお手製のパッションフルーツケーキとコーヒーでした。それぞれが大変美味しく、また自然体のおもてなしと皆様の知的でウィットに富んだ会話が最高でした。こういう機会は本当に勉強になります!

朝倉さん 孟宗竹

この孟宗竹は本当に素敵‼

 

 

<前の記事

<前の記事
第54回/オーストリア旧大使のサヨラナパーティーが開かれました…

次の記事>

次の記事>
第56回/七夕の夜、若者の恋愛事情に衝撃を受けました。…

この連載の最新記事

この冬の「The Fujiyama Sisters」のライブと「青山学院大学Gerontology研究所」の講演会のご案内です

第116回/この冬の「The Fujiyama Sisters」のライブと「青山学院大学Gerontology研究所」の講演会のご案内です

遊びすぎた夏の後は、青山学院大学で「難聴」の勉強会に参加。補聴器の進化に驚きました。

第115回/遊びすぎた夏の後は、青山学院大学で「難聴」の勉強会に参加。補聴器の進化に驚きました。

サンフランシスコではヴィーガニズムが大トレンドになっていました!

第114回/サンフランシスコではヴィーガニズムが大トレンドになっていました!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル