原 日出子さん②「知識が増えると元気も健康もついてくる!」


「苦しかった更年期を過ごして学んだこと。それは『知識が力になる』ということです」と話す女優の原日出子さん。今回は原さんがつらい更年期をどうやって乗り越えたのか、具体的な方法も含めてご紹介します。

 

 

 

今がいちばん元気で健康! このままだと
最強の60歳になっちゃいますね!
私の更年期STORY 原日出子さん 水色シャツ

シャツ¥36,000/アノア(リビアナ・コンティ  白サンゴネックレス¥250,000/京屋(キョウヤ)

 

 

 

引っ張ってくれたのは
前向きな気持ち

 

いったん、外で人に話しはじめると、さらに気が楽になります。

 

「それまでは朝起きて鏡を見ると血の気がなく、歯茎まで真っ白。笑おうとしても口角が上がらない、心が病んでいたから。それがようやく『こんな顔じゃ、女優もやれなくなる!』と客観的に見られるようになりました。先輩方に話したことで気持ちが前向きになり、うつから脱出した感じでしたね」

 

いろいろな方がいろいろなアドバイスをくれました。そんな中、人にすすめられた発酵食品を飲み続け、代謝がよくなったことを実感するようになります。原さん、48歳の時です。

 

「口から入るものによって、こんなに元気になるんだ! と初めて感じました。ちょうど『命の母A』のCF契約の話が来たんです。これは渡りに船だと思って、即『やりまーす!』とお受けしました(笑)。命の母は漢方ですが、手足の冷えが解消されて、よく眠れるようになったんです」

 

そんなふうに、心も体も徐々に徐々に健康になっていきます。食事もしっかり考えてとるようになりました。50歳を迎える頃には貧血もよくなり、何より見た目が変わってきたのです。

 

「それまではね、栄養不足で爪がペラペラに薄くなっていたんです。髪も弱くなって綿菓子みたいにふわふわだったのが、コシが出て量も増えてきた。ただし、長いこと動かないでいたものだから、体重はどんどん増えていましたね。代謝が悪いので、少ししか食べていないのに太るんですよ。休みの日は一日中パジャマだし、電話にも出ないんですもの」
50歳で生理がまばらになると、体調はもっとよくなりました。更年期は「閉経を挟んだ前後の10年間」と言われますが、原さんの場合、症状がひどかったのは閉経前までだったよう。

 

「余裕が出てくると、いろんなことを勉強してきちんと考える。自分に合う知識を求めているので、情報が向こうからやってくるんですよ。アンテナを張っているからでしょうけど」

 

54歳の時。出演するドラマのプロデューサーから「もっと痩せてください」と言われます。自己流のダイエットとリバウンドを繰り返し、人生のMAX体重に達した頃です。そんなとき、雑誌の対談で知り合ったのが医師の南雲吉則先生。そこでダイエットについて相談すると、すぐに食事法についてアドバイスをいただきました。

 

 

 

食事法のアドバイスを受けてから、原さんの体調に少しずつ変化が現れたそう。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top