漢方に恋をして

ある時、自分自身の月経痛がひどく

子宮内膜症と診断され、ホルモン剤を
投薬された、けれど
完全には治らない

 

限界を感じたときに

もう一度
漢方に出会う

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

〈桂枝・茯苓・桃仁・芍薬・牡丹皮〉

樫出さん 薬草

これで治った !

顎のところにたくさんあったニキビも治った
生理前の胸の張りも軽くなった
まずいと感じなかった
だから続けられた

 

やるじゃん!漢方!

 

漢方ってもしかしら

すごいかも

 

もっと知りたい

もっと、もっと、と。

 

 

漢方って

身体だけでなく、こころだけでなく
わたしをまるごとみてくれる

 

けっして、わたしを否定しない

 

バランスを大事にしてくれる

 

優しくて、そして強い

 

そんな漢方に
恋をした ❤️❤️

 

いまだに
片思いかもしれません

 

だからこそ、
もっともっと漢方を
知りたい

 

最近
つくづく思うのは、、、

シェア ツイート LINEで送る
第46回
漢方に恋をして

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top