OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

更年期の高血圧に、犬と湯たんぽ

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

樫出さん 愛犬

無防備に半分口開けて
寝てる我が家の犬

 

見てるだけでも

癒されて
力がぬけますね

 

こんな感じでいるときは、

副交換神経、優位です〜

 

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの

樫出恒代です

 

私の漢方カウンセリングの際には、

舌診、腹診とともに

血圧を測定します。

 

「えっ?!」

「わたし、こんなに高いの?!」

 

と、いうことがあります。

特に、更年期世代の方。

 

実際、上の血圧が150以上で

下の血圧が95以上の方が
増えます。

 

だいたい、若いとき(20〜30代)は、

上の血圧が100いかなかったのに〜〜、と
いう方が多い。

 

ということは、

若いとき、低血圧で冷え症であったと

考えられる。
そういう方が更年期になって、
女性ホルモンの急激な
減少や、ストレスなどから
出る不調。
そのひとつに
高血圧があるのです。

 

 

 

なぜ更年期を迎えると高血圧になるのでしょう?

<前の記事

<前の記事
第47回/寝るときもんもん? 起きるともんもん…

次の記事>

次の記事>
第49回/更年期の高血圧パート2 あなたはどのタイプ?…

この連載の最新記事

 〈一度すわると立てない症候群〉   漢方でなんとかしよう

第99回/ 〈一度すわると立てない症候群〉   漢方でなんとかしよう

足がほてって眠れない~漢方的対策

第98回/足がほてって眠れない~漢方的対策

漢方的~氣をめぐらせる方法

第97回/漢方的~氣をめぐらせる方法

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル