OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/chinese-medicine/184849/

「気・血・水」の乱れが肌トラブルに/更年期に漢方が効く!①

吉木伸子さん

吉木伸子さん

皮膚科医。よしき皮膚科クリニック銀座院長。レーザーやケミカルピーリングなどの美容皮膚科学と漢方を取り入れた皮膚治療を行う

更年期になると増えるちょっとした肌トラブルの強い味方が漢方薬。

肌にかゆみが出たり、カサついたり、湿疹ができたりなどのトラブルに対して効果的な取り入れ方を皮膚科医の吉木伸子先生に伺いました。

 

更年期には気・血・水の乱れによる肌トラブルが増加

更年期を迎えた頃から、肌に原因不明のかゆみが生じたり、カサつきやすくなったり、湿疹ができたりと、今までになかったトラブルが生じ、悩んでいる人は少なくないようです。
そんな症状に漢方薬がおすすめと話すのが、皮膚科医の吉木伸子先生。
その理由を伺いました。

 

「漢方では、体に気(き)・血(けつ)・水(すい)という3つの要素があり、これらがバランスよく巡っている状態を健康ととらえます。でも、更年期になるとこれらのバランスが乱れやすくなります。
例えば閉経が近づくと、生命エネルギーである〝気〞が不足して〝気虚(ききょ)〞という状態になることがあり、すると元気が出なくなって疲れやすくなり、皮膚も薄くなるのでかゆみなどが生じがちに。

また、〝血〞が不足する〝血虚(けっきょ)〞になることもあり、すると体が冷えて肌が乾燥しやすくなります。

 

「気・血・水」のバランスがとれている状態が健康

漢方では気・血・水の3つの要素が、バランスよく巡っている状態を健康と考えます。バランスが乱れると体や皮膚にトラブルが発生

 

このように更年期の肌トラブルは気・血・水の乱れが原因の場合があり、こんなときに効果的なのが漢方薬です。気が不足していたら気を補う漢方薬、血が不足していたら血を補う漢方薬などと、その人の体の状態に合った漢方薬を用いて体の不調を根本から改善していくため、肌トラブルも改善しやすくなるのです。
ですから更年期の体の不調があり、肌のトラブルもあるという人に特におすすめ。ただし、顔のたるみやシワなどの老化現象を漢方薬で改善するのは難しく、こういう悩みには美容医療が向いています」

 

では漢方薬の効果は、飲みはじめてどのくらいで出るのでしょうか?
「湿疹などでは漢方薬を飲みはじめて1週間ほどで治る場合もありますし、長く患っているような皮膚疾患では長い期間飲み続けてゆっくりと効いてくる場合もあります」
漢方薬は、漢方薬を取り入れている病院や漢方薬局で処方してもらえるので、気になる症状がある人はお試しを。

次回のテストで、自分の気・血・水の状態をチェックしてみてください。

 

 

イラスト/中村久美  取材・原文/和田美穂

 

MyAge2019夏号 購入アイコン

次の記事>

次の記事>
第2回/自分の「気・血・水」の状態を知る!/更年期に漢方が効く!②…

この連載の最新記事

イボ・円形脱毛症など、肌トラブル別・漢方(後編)/更年期に漢方が効く!④

第4回/イボ・円形脱毛症など、肌トラブル別・漢方(後編)/更年期に漢方が効く!④

かゆみ等、肌トラブル別・漢方(前編)/更年期に漢方が効く!③

第3回/かゆみ等、肌トラブル別・漢方(前編)/更年期に漢方が効く!③

自分の「気・血・水」の状態を知る!/更年期に漢方が効く!②

第2回/自分の「気・血・水」の状態を知る!/更年期に漢方が効く!②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル