OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/female-hormones/182574/

男性ホルモンとの違いは? 太っている人は分泌量は多いの?/女性ホルモン素朴な疑問(基礎編②)

対馬ルリ子さん

対馬ルリ子さん

産婦人科医、医学博士。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長。NPO法人 女性医療ネットワーク理事。著書に『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性(』マガジンハウス)など

私たちの体の中で、さまざまな働きをしている女性ホルモンのこと、どこまで知っていますか? その正体、仕組みをしっかりチェック!

前回に続き、女性ホルモン素朴な疑問(基礎編②)をご紹介します。

 

 

Q-6 分泌量は変動する?

 

A:はい、します。

2種類の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)はそれぞれ心身に異なる働きをしています。これらが日々、変動することで、妊娠に備えた月経周期が生まれます。この変動により、心身が爽快な時期とだるい時期があるのです。

エストロゲンの量が高まる卵胞期は心身が爽快に。プロゲステロンが優位になると、新陳代謝が悪くなり体調は低下。月経時はどちらのホルモンも減るので、だるくなります。

資料提供/対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座

 

 

Q-7 男性ホルモンとの違いは?

 

A:男性は闘い、女性は守るホルモンです

同じ性ホルモンですが、男性は闘う本能に、女性ホルモンは妊娠・出産に向けて守る本能に働きかけます。とはいえ、男性も女性も両方のホルモンを持っていて、そのバランスは人によってさまざまです。

 

 

Q-8 女性ホルモンの大きな特徴は?

 

A:揺らぐので心身が不安定に。

女性ホルモンは月単位やライフステージによって大きく変化します。そのため、体調や精神面が大きく揺らぎます。こうした男女の違いを理解して、女性特有の"揺らぎ"を上手にコントロールすることが大切です。

 

 

Q-9 太っている人は分泌量が多い?

 

A:その傾向はあります。

実は女性ホルモンは脂肪からも分泌されています。よって太っている人のほうが多い傾向はありますが、質がよいホルモンではありません。増やそうとして太っても、体にいいことはありません。

 

 

 

 

次回は、更年期のサイン、何歳から低下する? など、「女性ホルモン素朴な疑問(更年期編①)」をご紹介します。

 

 

イラスト/坂田優子 図表/ビーワークス 取材・原文/山村浩子

 

<前の記事

<前の記事
第4回/女性ホルモンにかかわる健康トラブルは? ほか/女性ホルモン素朴な疑問(基礎編①)…

次の記事>

次の記事>
第6回/更年期の始まりのサインは? 何歳から低下するの? ほか/女性ホルモンの素朴な疑問(更年期編①)…

この連載の最新記事

骨と筋肉の衰え防止になる「階段下り」のポイントは?/更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(後編)

第33回/骨と筋肉の衰え防止になる「階段下り」のポイントは?/更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(後編)

更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(前編)骨密度も筋力もアップ!!

第32回/更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(前編)骨密度も筋力もアップ!!

女性のコレステロール値の新しい基準範囲も参考にしたい/急速に進む血管の老化に要注意!(後編)

第31回/女性のコレステロール値の新しい基準範囲も参考にしたい/急速に進む血管の老化に要注意!(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル