OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/female-hormones/184009/

恋をすると女性ホルモンは増える? 尿もれになるって本当? ほか/女性ホルモン素朴な疑問(閉経後編)

対馬ルリ子さん

対馬ルリ子さん

産婦人科医、医学博士。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長。NPO法人 女性医療ネットワーク理事。著書に『女性ホルモンで世界一幸せになれる日本女性(』マガジンハウス)など

閉経してしばらくすると、症状も治まってきます。

これでもう安心…ではなく、60歳頃から注意しなければならない、体の変化も知っておきましょう。

 

 

Q-25 閉経すると女性ホルモン値はどうなる?

 

A: 限りなくゼロになります。

卵巣機能は役目を終え、閉経後は女性ホルモンの分泌はなくなります。脂肪細胞からわずかに変換されますが、測定できるほどではなく、ほぼゼロに。60歳以降は同世代の男性よりも少なくなります。

 

 

Q-26 閉経後、気をつけることは?

 

A:血管や骨の老化が進みます。認知症にも注意!

コレステロール値が上昇して肥満傾向に。骨密度の低下で骨粗しょう症のリスク、高血圧や動脈硬化も進みます。肝機能の低下、認知症にもなりやすくなります。

 

 

Q-27 尿もれになるって本当?

 

A:出産が重かった人、肥満の人はなりやすい傾向です。

すべての人がなるわけではありません。出産が重かったり、肥満の人、日常的に重い物を持つ人などに多い傾向です。原因は尿道を締める骨盤底筋群の弱化。骨盤底筋群を鍛えるトレーニングもあります。詳しくは「松峯寿美先生直伝の骨盤底筋トレーニング」へ。

 

 

Q-28 セックスはできる?

 

A:できます。

ただ、更年期以降は腟の分泌物が減り、腟の乾燥が進みます。腟内の弾力がなくなり萎縮してしまい、性交時に痛みを感じることも。潤滑ゼリーやオイルを活用したり、治療法としてはHRT、腟内や入り口周辺に照射する腟専用レーザー治療などもあります。

 

 

Q-29 恋をすると女性ホルモンは増える?

 

A:残念ながら量は増えません。

恋愛やセックスをすることで、「女性ホルモン値が上がる」ということはありません。しかし、恋をしたり、アイドルにときめいたり、趣味など何かに夢中になることは、心と体が心地よく満たされて幸せを感じることで、人生を豊かにしてくれます。

 

 

Q-30 閉経後も定期健診は必要?

 

A:体のメンテナンスのためにぜひとも定期健診を!

閉経後は特に、その人の体質的に弱い部分に病気が出やすくなります。婦人科の主治医を持ち、年に一度は定期健診を行って、体の変化を観察していきましょう。

 

 

 

イラスト/坂田優子 図表/ビー ワークス 取材・原文/山村浩子

 

<前の記事

<前の記事
第8回/更年期症状の治療法は? HRTはやるべき? ほか/女性ホルモン素朴な疑問(更年期症状対策編)…

次の記事>

次の記事>
第10回/女性の健康とメノポーズ協会/更年期の不安はサポート機関を上手に利用①…

この連載の最新記事

骨と筋肉の衰え防止になる「階段下り」のポイントは?/更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(後編)

第33回/骨と筋肉の衰え防止になる「階段下り」のポイントは?/更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(後編)

更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(前編)骨密度も筋力もアップ!!

第32回/更年期は意識して階段を下りるだけで、美骨&美筋に!(前編)骨密度も筋力もアップ!!

女性のコレステロール値の新しい基準範囲も参考にしたい/急速に進む血管の老化に要注意!(後編)

第31回/女性のコレステロール値の新しい基準範囲も参考にしたい/急速に進む血管の老化に要注意!(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル