HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/feminine-bladder-care/269431/

膣ハイフ治療にはクリニックの「超音波系治療」で膣壁の弾力アップ!最先端フェムケア医療

セルフケア以外にも、おもにハイフと呼ばれる機器を使った「超音波系」と呼ばれる最先端のフェムゾーン医療について、医学博士の喜田直江先生に伺いました。

 

超音波
緩みや尿もれなどが気になる人に向いているケア

クリニックによってメニューや機器の呼び名が異なりますが、おもにハイフと呼ばれる機器を使うのが「超音波系」と呼ばれる治療。

 

喜田直江先生のクリニックでは、「ウルトラ ヴェラ」と呼ばれ、丹羽咲江先生のクリニックでは、「ヨニハイフ(HIFU)」と呼ばれています。

 

「ハイフは、腟の緩みケアなどに有効な機器です。レーザー治療とは大きく異なる治療です。仕組みとしては、腟壁に60~70℃の熱を当てることで、古い組織の崩壊・変性を促します。

 

その後、その部分は人間の再生能力によって線維芽細胞が増殖し、新しいコラーゲンが生成・再生されます。

 

それによって、腟壁の弾力がアップし、腟の緩みが改善されるのです。レーザーに比べてダウンタイムが少ないのも特徴のひとつで、出血やおりものの増加などもありません。

 

腟壁のエイジングケアとして画期的なマシンなのです」(喜田直江先生)

 

 

ウルトラ ヴェラ

なおえビューティークリニックのハイフは、「ウルトラ ヴェラ」と呼ばれています。照射時間は20分と短く、痛みもほとんどなし

 

 

お話を伺ったのは

喜田直江さん なおえビューティークリニック院長

喜田直江さん
Naoe Kida
なおえビューティークリニック院長

医学博士。2001年に京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。形成外科医として多くの女性が悩みを抱える婦人科形成の専門クリニックを2011年に開院

 

丹羽咲江さん 咲江レディスクリニック院長

丹羽咲江さん
Sakie Niwa
咲江レディスクリニック院長

産婦人科医。1991年名古屋市立大学医学部卒業。日本産婦人科学会専門医、日本性科学会幹事。性科学者。2002年開院。性交痛などの相談、治療、フェムゾーンケアの情報発信を積極的にしている

 

 

構成・原文/安藤由美

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第7回/【読者(55)のお悩み】夫に「緩くなったかも」と言われました。お風呂上りに膣から水が出たことも/専門女医が回答…

次の記事>

次の記事>
第9回/性交痛など膣萎縮の症状には膣への「炭酸ガスレーザー」が効果的!最先端フェムケア医療…

この連載の最新記事

デリケートなフェムゾーンケアのためのおすすめアイテム/植物療法士・森田敦子さん(後)

第18回/デリケートなフェムゾーンケアのためのおすすめアイテム/植物療法士・森田敦子さん(後)

フェムゾーンケアはpHバランスを保つ洗浄と保湿が大切/植物療法士・森田敦子さん(前)

第17回/フェムゾーンケアはpHバランスを保つ洗浄と保湿が大切/植物療法士・森田敦子さん(前)

セルフのフェムケア!グッズがそろう専門店「LOVE PIECE CLUB ラフォーレ原宿店」

第16回/セルフのフェムケア!グッズがそろう専門店「LOVE PIECE CLUB ラフォーレ原宿店」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル