OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/menopause/255453/

更年期の尿漏れに、これだけはの8つのアドバイス

吉川千明

吉川千明

1959年生まれ

美容家、オーガニックスペシャリスト

自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案

オーガニックビューティの第一人者として知られる

 

OurAgeインタビュー「美容の世界をあらゆる角度から学び、最高の知識で女性を救いたい」はこちら

記事一覧を見る

更年期の尿漏れ、8つのアドバイス

 

こんにちは。

吉川千明です。私はこの夏は、北海道の南西、駒ヶ岳の麓で

料理を学びながらゆっくり過ごしています。

朝夕、自然が与えてくれる感動に感謝しながら、日々ゆったり暮らしています。

40代、50代、忙し過ぎましたね。

あの時を、もう少し、ゆっくりと過ごせばよかったと今になって思います。

過去があっての今、ですが。

更年期は、スローダウンする時期。道で言えば、急カーブです。

スピード下げて、上手に抜けていきたいものですね。

さて、本日は、久しぶりに「尿もれ」について書きたいと思います。

 

かつての私は、過活動膀胱で、酷い尿もれに悩んでおりました。

自分ではコントロール不能で、足首までスーと尿が漏れることなどしばしば。

お薬も使っていましたが、それでもおもらしに悩んでいました。

映画館やレストランの椅子、バーのカウンターチェアも、

私が使った跡が怖くて仕方ありませんでした。

恐る恐る立ち上がって椅子の上を見るときのあの恐怖。

そんな私でしたが、今は、尿もれはほぼほぼゼロ。

更年期も終わり、数年経ちましたが、今やショーツを汚すことはありません。

今日は皆様に、私が実践してきた尿もれ対策をお伝えしたいと思います。

今も、お薬は飲んでいますが、お薬だけでもダメ。

骨盤底筋運動だけでも時間がかかる。

尿もれは全方位のケアが必要です。

 

1  尿もれは更年期特有の症状。放置しないこと。

まず相談先は産婦人科医。

 

尿もれは、高齢者の悩みと思いきやそうではありません。

尿もれに最初に悩むのは、出産後のお母さん達。そして、更年期の私達。

共通しているのは、急激な女性ホルモン、エストロゲンの減少です。

エストロゲンは、膀胱、尿道、尿道口も含めた骨盤底周り、

デリケートゾーン全体のコントロールに関わっています。

出産後の女性達は、やがて月経が戻れば、尿もれは改善しますが

更年期以降の尿もれは、放置すれば悪化するばかりです。

尿もれは想像以上に多くの女性達が抱えている、とてもポピュラーな悩みです。

相談先は、産婦人科で良いと思います。

また最近は、女性専用泌尿器科という

女性の泌尿器に特化した専門ジャンルもあり、

最先端の治療法も備えています。そちらもおすすめです。

自分の尊厳のためにも、専門家に相談するというのは、

とても発展的で良いことと私は思います。

 

2  膀胱を固く小さくしてはだめ。

薬も上手に使いましょう。

 

「ちょこちょこおしっこに行ってはだめ。我慢した方がいい」

とお聞きになったことがありませんか。そうなのです。

すぐに膀胱を空にすると、膀胱がしっかりと伸びるまで使われなくなります。

過活動膀胱と言って、たいして膀胱に尿が溜まっていないのに、

神経が過敏に反応して、排尿したくなるのです。

膀胱は筋肉の袋ですから、伸ばして使わないと固くなってしまいます。

固くなって萎縮すると、本当に使い物にならない膀胱になってしまいます。

これも自律神経の誤作動なのですが、これをサポートするお薬があります。

膀胱を弛緩させ蓄尿量を確保したり、

過敏に反応する膀胱の過緊張を抑えてくれたりします。

私もこういったお薬を使いながら、膀胱をストレッチの効く、

おしっこを溜められる膀胱にトレーニングしました。

これらは処方薬です。治療先のクリニックで出していただけます。

最先端の治療では、膀胱にボトックスを注射する治療法が保険適用でなっています。

セオリーは同じこと。膀胱の弛緩を促して、溜められる膀胱にするという目的です。

 

3  尿もれは尿もれ専用パッドを使うこと。

 

尿もれに生理用パッドを使っていませんか。

わざわざ使い分ける必要がないと思われがちですが、答えはN O。

かぶれ、ただれ、匂い予防に専用の尿もれパッドをお使いください。

経血と尿は、粘性も、成分の質も量も全く違います。

経血を引き込むための生理用パッドと、

たっぷりの水分を受け取って抱え込むための尿もれパッドは、

パッドの素材が全く違います。

尿もれパッドは、素早く水分を引き込み、戻らないようにできています。

パッド表面に、尿が残らずサラリと長時間過ごせ、

ただれ、肌あれをおこさずにすみます。

尿特有のアンモニア臭を抑えてくれる素材も使っています。

漏れる尿の量によって製品をお選びください。

このジャンルにはたくさんの製品が出てきています。

生理用品のブランドから、そのまま尿もれ用の製品がでています。

かつての私のように、生理用パッドを流用し、

油断して長い時間椅子に座り、スカートやレストランの椅子にシミを作った・・、

そんな切ないことにならないようにしてくださいね。

 

4  骨盤底筋は衰えるだけ。

今からトレーニングを始めましょう。

 

尿を漏らさずに溜めておくには、尿道の入り口をしっかり閉めておくことが大事です。

尿道口の開け閉めがしっかりできるように、

膀胱、膣、肛門周り全体を支える骨盤底筋を鍛えておく必要があります。

ここが緩んでくると、尿もれだけでなく、

将来、膣の入り口から子宮や膀胱が飛び出したり、

日常生活に支障をきたすようなことが起こってきます。

(「脱」と言いますが、これも決して珍しいことでなく、よくあることです。)

骨盤底運動は「静」、静かで地味なトレーニングです。

わかりやすく結果が出るまでに時間がかかるトレーニングですが、

やらなければ、尿道口は緩むばかり。どんなタイプの尿もれにも必須です。

ながら運動ができますので、立ったままでも、座った姿勢でも、

通勤の行き帰りでも良いので、習慣になさることをおすすめします。

YouTubeにもたくさん動画が出ています。参考になさってください。

 

5  利尿作用の強いカフェインやアルコールに注意して。

 

尿もれがひどい時は、顕著にコーヒーや緑茶など

カフェインやアルコールの影響が出てきます。

状態がよくない時は、カフェインとアルコールは控えるのがよいと思います。

利尿作用でトイレの回数が増えますし、体も冷やします。

冷えた体に冷たいショーツなんて辛いでしょ。

必ず落ち着く時が来ますので、しばし、飲み物には要注意。

 

 

6  長丁場を乗り切るために

デリケートゾーンの保湿を忘れずに。

 

ショーツが濡れたままだったり、尿もれにより、

どうしても外陰部が尿に触れる時間が長くなります。

50代前後、更年期のこの時期は、それでなくてもデリケートゾーンが

乾燥して荒れやすくなっています。

あらかじめ保湿しておくことで、バリア機能を保持し、

尿もれによる肌荒れやかぶれから守ってあげることが大切です。

また、膣の乾燥や萎縮も尿もれに影響します。

乾燥と膣の痛みによる不自然な歩行や足さばきは

膀胱や尿道の不安定につながります。

膣やデリケートゾーンの乾燥は、産婦人科でも相談できますし、

化粧品として売られているデリケートゾーン専用のソープを使う、

専用のローションやジェル、オイルを使うなど、

外陰部、膣ともにしっかりと整えて、保湿しておくことが大切です。

写真は、私がいつも使っているイギリスのオーガニックコスメ、Y E Sのジェルです。

 

7  ストレスは尿漏れの大敵。

リラックスするだけで、かなり改善。

 

ストレスは、全てにおいて大敵です。

更年期は、女性ホルモンの急激な減少に脳がパニックを起こしている状態です。

そこに強いストレスがかかると、自律神経も影響を受けますし、

体全体の調整もうまくいかなくなります。神経も過敏に反応します。

私の過活動膀胱、尿もれも、あの頃のストレスと相まって、

完全にオーバーフローしていましたね。

ストレスも尿も涙も、漏れあふれていましたね。

「私、こんなに頑張ってるのに・・・」と夕食の買い物袋抱えて、

駅のトイレで泣いていましたわ。

皆さんはこんな切ない、かっこ悪いことは無しにしてね。

更年期はいつか過ぎますから、安心を。

引き受け過ぎない、いい人になり過ぎないで、

この時期をゆったりとお過ごしください。

 

8  この時期特有の膀胱炎や

萎縮性膣炎に気をつけて

 

最後に。尿もれや頻尿は、女性ホルモンの低下による

神経の反応や骨盤底周りの筋力の低下によるものですが、

この時期は、免疫力の低下による菌の感染もおこりやすくなります。

膀胱や膣粘膜の血行不良、乾燥、萎縮による菌に対する抵抗力も落ちています。

それによる膀胱炎や感染症が、頻尿や尿もれの原因になっていることもあります。

この時期、膀胱炎を繰り返す人もよくいます。

覚えておいていただいて、様子が変だなと思ったら、

産婦人科や泌尿器のドクターに早めに相談なさってください。

 

少し長くなりましたが、私からの尿漏れの8つのアドバイスでした。

 

もう、おしっこ臭いなんて言わせない!

一つ一つクリアしていけば、快適に過ごせるようになりますよ。

尿のことは気になること。でも大丈夫。ちゃんと自信を取り戻せますから。

ぜひ、実行してみてくださいね。

 

 

さあ、最後に、この時期、おすすめのコスメをいくつかご紹介いたしましょう。

 

まずは、ホットフラッシュや汗対策から。

・写真左は、オーガニックコスメのヴェレダから8月に発売されたばかりのドライシャンプー。

ホットフラッシュで頭から出る自分の汗が気になる時に。外出先にも携帯して。スプレーして、さっとタオルで抑えるだけ。天然精油の香りで気分もスッキリ。ローズマリーやセージなど頭皮や女性にうれしい植物を配合しています。

ローズマリードライシャンプー  ヴェレダ公式サイト 

 

・写真右は、オーガニックコスメのニールズヤードレメディーズのボディパウダーです。

抗菌作用に優れたティートリーとラベンダーを配合。鉱物のタルクの代わりに、コーンスターチを使ったタルカムパウダーです。汗や体の匂いを防ぎながら、体をサラサラに心地よく保ちます。定番中の定番のベストセラー製品です。過敏になった肌がスッキリ。

ラベンダー&ティートリーボディパウダー  ニールズヤードレメディーズ公式サイト

 

 

次にご紹介するのは、秋口からの乾燥対策に。

・写真左は、日本のブランド、オラクルの化粧水です。これも長年のベストセラー製品で、保湿力に優れたローズ水や白樺水にオトギリソウやトウキンセンカ等を配合しています。化粧水だけでもしっとり。暑さも残る秋口におすすめです。

クラリファイングトナー オラクル公式サイト

 

・写真右は、オーストラリアの自然療法士ブリジットが作ったクレメンスというブランドのクレンジングミルクです。現在、私はシリーズ全アイテムを試していますが、力のある植物化粧品で最近の私の一押しです!まずクレンジングミルクからお使いになってください。乾燥して傷んだお肌にとてもおすすめです。 

リファイニングクレンジングミルク   クレメンスオーガニクス公式サイト

 

さあ、素敵な人生の後半戦を楽しみましょうね!

今回もありがとうございました。

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第79回/閉経前後、解毒の臓器も弱くなる あなたのガンマジーティーピー(γG T P)は大丈夫?…

この連載の最新記事

更年期の尿漏れに、これだけはの8つのアドバイス

第80回/更年期の尿漏れに、これだけはの8つのアドバイス

閉経前後、解毒の臓器も弱くなる  あなたのガンマジーティーピー(γG T P)は大丈夫?

第79回/閉経前後、解毒の臓器も弱くなる あなたのガンマジーティーピー(γG T P)は大丈夫?

更年期を自然に過ごすには -閉経と女性ホルモンが教えてくれたこと

第78回/更年期を自然に過ごすには -閉経と女性ホルモンが教えてくれたこと

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル