HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/more/303651/

【52歳】最近物をよくなくします。認知症にならないか心配です/高尾美穂先生の更年期相談室

女性の悩みに冷静かつ温かいアドバイスをくれると評判の産婦人科医・高尾美穂先生に、読者の悩みを相談する連載。今回は認知症に対する不安にについてです。

認知症への心配

Q.

昔と比べ、物をよくなくします。最近は家の鍵などをなくして大変でした。こういうことのせいで時間がすごくもったいない。将来、認知症にならないか心配です。(52歳・主婦)

 

A.
よく物をなくしても、すぐ認知症につながるわけではありません。置き場所を決めるなどの対策を

「物をよくなくすことが、認知症に直結するわけではありません。“いろいろな物事を忘れていく”のは、“悪いことも忘れていける”ということで、ある意味、いいこととも言えますよね。ただ、仕事など重要な場面でなくし物やもの忘れをすると大変なので、物の置き場所を決めておいたり、大事なことはメモをして目につく場所に貼っておくなどの対策をとりましょう。
また、定期的な運動や、健康的な食生活、血圧やコレステロール値・血糖値の管理、十分な睡眠というような生活習慣病の予防にいいとされていることは認知症予防にもいいと言われているので、気をつけてみてください」

 

 

※この企画で取り上げた悩みは、2022年7月28日~8月10日にWebマガジンOurAgeで募集したものです。

 

 

【高尾美穂先生ってどんな人?】

高尾美穂
高尾美穂さん
産婦人科専門医
公式サイトを見る
Instagram Instagram

イーク表参道副院長。産婦人科専門医。さらにスポーツドクター、ヨガ指導者でもあります。産婦人科医になったのは「一人の女性の体を、初潮を迎えたとき、生理痛やPMSで悩んだとき、恋愛をして性交渉のことで悩んだとき、妊娠・出産のとき、更年期、閉経後と、人生を通して長く診ることができるから」だそう。診療のかたわら、NHK「あさイチ」への出演をはじめ、多数のメディアやSNSで情報を発信。音声配信アプリstand.fmの番組「高尾美穂からのリアルボイス」ではリスナーの多様な悩みに回答しています。著書に『大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111』(講談社)など。脳外科医の夫あり

 

撮影/高尾美穂<アイキャッチ背景写真> 取材・原文/和田美穂

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子2023開運
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

おでかけ女史組のミチコさんとユーユーさんに、「なりたい肌印象メイク」をご体験いただきました。

おでかけ女史組のミチコさんとユーユーさんに、「なりたい肌印象メイク」をご体験いただきました。

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第6回/【53歳】性交痛がひどく夫にどう言うか悩んでいます/高尾美穂先生の更年期相談室…

次の記事>

次の記事>
第8回/【52歳】夫とこのままいるのが嫌。離婚したいけれど、収入面で踏み切れない/高尾美穂先生の更年期相談室…

この連載の最新記事

ヨガで自律神経を整えて更年期のメンタル不調をすっきりさせる!<1歩前へのポーズ>/高尾美穂先生が実践

第14回/ヨガで自律神経を整えて更年期のメンタル不調をすっきりさせる!<1歩前へのポーズ>/高尾美穂先生が実践

【39歳】40歳前ですが、イライラしやすく子供にきつく当たってしまうことも/高尾美穂先生の更年期相談室

第13回/【39歳】40歳前ですが、イライラしやすく子供にきつく当たってしまうことも/高尾美穂先生の更年期相談室

【53歳】医療従事者ですが、軽い認知症の母の面倒がおっくうになり自己嫌悪に陥ります/高尾美穂先生の更年期相談室

第12回/【53歳】医療従事者ですが、軽い認知症の母の面倒がおっくうになり自己嫌悪に陥ります/高尾美穂先生の更年期相談室

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル