OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/book-culture/222178/

からだと心に大事な伸びやかさを「本」で体験したい!

山本圭子

山本圭子

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

記事一覧を見る

ようやく秋を感じるようになりましたが、コロナに長梅雨、猛暑に残暑と試練が重なった今年。

 

4月に自粛生活が本格化した頃は「今までも家での仕事が多かったし、自分への影響は比較的少ないかも」と楽観視していましたが、さすがに最近は「ちょっと甘かったかな」と感じています。

 

理由はいくつかありますが、そのひとつがからだの変化。間違いなく、硬くなっているのです。

 

自粛前はジムでときどきパーソナルトレーニングを受けていたので、からだの状態をチェックしてもらい、それにあったストレッチや筋トレをすることができた。

 

でも、今はすべてが自分頼み。
とりあえず、ジムで教わった家でできることをちょこちょこやっていたのですが、あるとき気づいたのが「ストレッチをあまりやっていない……だからからだが硬い?」ということ。

 

「これはまずい」と思っていたとき書店で手に取ったのが、運動指導士の森拓郎さんが書いた『ボディメイクストレッチ』。正直に言って、ボディメイクに強い願望があるわけではないのですが、プロローグにあったこの文章にハッとしました。

 

「まずは、筋トレ以前。」

 

 

「確かにそうかも!」と思い読み進めると、“体重はそれほど増えていなくでも、年齢を重ねるとボディラインが崩れるわけ”がわかりやすく書かれていました。

 

書評_photo

『ボディメイクストレッチ 理想の体を 手に入れればどんな服も着こなせる』 森拓郎 SBクリエイティブ ¥1400(税別) いきなり筋トレやジョギングをするのではなく、まずは体を元に戻すストレッチを! 背中、二の腕、お腹など気になるところに効き、しなやかな体を手に入れられる方法を紹介

 

その大きな理由は「重力によって背骨が縮んでつぶれてしまったり、長年の歩き方や座り方のクセで関節がゆがんでしまったりして、骨格という体のラインをつくる土台そのものが変わってしまったから」

 

また「筋トレをすると、脂肪が落ちて筋肉に代わる」と思っている人が多いけれど、それは勘違い!

 

「姿勢が悪い状態で間違ったフォームでトレーニングを行うと、(筋肉を)つけたくもない肩や腕、前ももばかり使ってしまい」、「しかも筋肉は脂肪の下につきますから、そのせいで太く見えた部分が逞しくなってしまった!と勘違いしてしまう人も多い」というのです。

 

この本では、自分の気になる部位やライフスタイルからいくつかのストレッチを選んで、まずは2週間、一日5分からでも毎日続けて習慣にすることをオススメしています。

 

たとえば、二の腕が気になる人は内巻きに丸まってしまった肩関節のストレッチなどを、すき間時間でストレッチしたい人は電車内でできる胸の筋肉のストレッチなどを。

 

とりあえず私は、以前通っていたヨガレッスンやジムトレーニングでやっていた動きをいくつか見つけたので、それらを重点的にやってみることにしました。

 

「からだが覚えているからやりやすい」というのがその理由ですが、「覚えている」って大きいですね。「このやり方で、これくらいの強度でいいのかな」と不安にならず、自信を持ってできるから!

 

ストレッチは地味な動きが多いけれど、積み重ねれば本来の自分のからだを取り戻せそう。
とりあえず、ジム再開を見据えてここからもういちど始めてみようと考えています。

 

そしてもう一冊、私の“心のストレッチ”になっている本をご紹介。
『夜は短し歩けよ乙女』などで人気の作家・森見登美彦さんの『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』です。

書評_photo

『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』 森見登美彦 小学館文庫 ¥700(税別) この本で注目すべきは羽海野チカ、萩尾望都など著者が敬愛する人々との対談だけでなく、今の森見登美彦氏と昔の森見登美彦氏の対談も収録されているところ。独特のユーモアが漂う対談集

 

ここには作家や漫画家など16人の方との対談が収められていますが、私が繰り返し読んでいるのは作家・伊坂幸太郎さんの回です。

 

伊坂さんも森見さんも、お互いの作品の愛読者。
作家への道のりや締め切りの悩み、おふたりが相手から受けた刺激ややっかみ(!?)などが存分に語り合われていますが、私自身おふたりの愛読者なので「そうなんだ!」「なるほど!」と言いたくなるところばかり。
そして、彼らの伸びやかな想像力が創る世界へまた行きたくなるのです。

 

当分続きそうなウィズコロナの時代ですが、そこで大事になるのは心身両面をほぐしたり、のびやかにすることなのかもしれない。

 

感染対策はもちろんですが、そんなことも心がけておこうかなと思っています。

 

 

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第62回/なぜ毒舌家のおばあちゃんが”伊集院光”にハマったのか…

この連載の最新記事

からだと心に大事な伸びやかさを「本」で体験したい!

第63回/からだと心に大事な伸びやかさを「本」で体験したい!

なぜ毒舌家のおばあちゃんが”伊集院光”にハマったのか

第62回/なぜ毒舌家のおばあちゃんが”伊集院光”にハマったのか

何歳になっても高められるのが筋力。さっそく挑戦したのは…

第61回/何歳になっても高められるのが筋力。さっそく挑戦したのは…

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル