OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/consultation/206720/

地曳いく子さん、おこもり、どう過ごされていますか?

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

<お悩みその9>

コロナウイルスによる自粛期間が続いていますね。地曳さんは、おこもり、どう過ごされていますか? (43歳・会社員・東京都)

 

 

<お答え>

 

大変な事態になってしまいましたね。私の周りは知り合いの知り合いぐらいまで感染者が何人か出て、コロナがすぐそばまで忍び寄ってきていて正直怖い日々です。

 

私はstay homeで家でのんびりしていられますが、医療従事者の方、介護に携わる方、保育園で働く方、宅急便の配送の方など、どうしても外に出ないといけない方がいらっしゃいます。深く感謝を捧げ、ご無事を祈ります。

 

私は基本的には気分が落ちぎみですが、でもときどき元気になったりして、なんとか生きてます。人に会わないのでブラさえしない(笑)。お仕事もたくさんキャンセルになりましたし、これが続いたらどうなるの?って不安になって、先々を考えると高いテイクアウトが買えない! スマホゲームもしまくって、すごいステージまでいったけど、課金される手前で止めている(笑)。

 

気分が良い時はパンを焼いてます。焼くのは10年ぶりぐらい! バナナブレッドなんかも。「スーパーに行くのを減らしたければ、焼けばいいじゃない」精神で(笑)。さらにうどんも打ったり(踏んだり)して。30年ぶりですよ。コシがあって美味しかった・・・。

 

水やりが大変で、コロナ前はベランダの鉢を減らしてたのですが、この機会に増やしました。球根から白い花が咲いて、切って生けていたんですが(写真上)、さらに、そこについてた小さいつぼみが開いて花が咲いた(写真下)! 感動です。

豆苗やミントの栽培も。わさわさと育って元気です。

YouTube配信でギターレッスンも。なんとか一曲弾けるようになりました。宇宙まおさんの「満月の夜」です。

そんなことに熱中していたらさすがに飽きて、今は仕事モードに入って原稿をこつこつ書いています。お酒も飲みすぎてキッチンドランカーになりそうだったので、ここ最近はノンアルコールにしていますし。何事もやりすぎると楽しくないってことがわかりました。

 

という感じで暮らしていますが、9.11のときにはマンハッタンで撮影をしていて、3.11のときは直後にソウルへ撮影に行っていた。ハワイでも台風に遭って、丘に避難したこともある私。いろいろな災難を越えてきましたが、今回のコロナは気鋭の学者であっても対策がわからない。何が正解かわからない

 

私はどちらかというと、情報収集をして、気をつけるべきことは気をつけたい、と考えるタイプの人間なのですが、そうでない人もいますよね。昔は、そんな人のことをダメじゃん、と思っていましたが、今回はそう思わなくなりました。知らなかったら気分が落ち込むこともありませんしね。考えても考えなくても起きてることは一緒ですし。人に自分の考えを押し付けるのはいけないなって痛感しています。

 

私自身は、ロンドン、パリ、NYの友達から「とにかく手を洗え、免疫力を上げろ」とLINEのビデオ通話で脅されているので、粛々と取り組んでいます。乳酸菌ドリンクとビタミンCを摂っていますが、人の体もそれぞれ。自分が調子よくなることを、いつもより念入りにやればいいのでは、と考えています。これも絶対じゃないのですが。

 

 

自粛開始当初は、滅入りましたね。一人でいると、どんどん意識が内へ内へと向かってしまうので。そこで、人と電話するとき、単に通話だけじゃなくてビデオをオンにすることに。これが効果あり! 最低でも眉は描くし、髪もとかすし部屋もきれいにするし、上半身だけでもちゃんとした服を着るし(笑)、馬鹿話をするとちょっと楽になる。

 

白状しますと、ろくに着替えず顔も洗わず、の日々を続けていたら、顔にニキビができて落ち込んでたんです。そしたら、LINEのビデオ通話をした友達(美容関連の仕事をしている)にもニキビができてて、お互い大笑い。人の様子を見て安心するってこともありますからね。

 

自分に向き合うのも大切かもしれませんが、尼寺に篭っているわけじゃないので、ちょっと調子がいいときは俗世への扉を開きましょう!

 

普段仲がいい相手でも、今は電話するのに気が乗らない、ってこともあると思います。いいんです、無理しなくて。電話するとしても、「疲れたから寝るわ」って言える相手がいい。コロナのおこもりは、人とのつきあい方を考え直すいい機会になってるのかもしれませんね。

 

その他のことだって、無理はしないのがおすすめです。時間があるんだから、普段できないことをやりましょう、なんて張り切らなくてもいいんです。実は「こんなときだから、普段のことさえできない」のでは。私なんて、この期間でグラスを3個割っちゃってます。本だって読めない。きっと疲れてるんです。みんなやってるからって、やらなくてもいい。ポジティブって同調圧なんじゃないでしょうか。人に押し付けるのもよくないですよね。今は地球全体が大殺界なのだと思って、ジタバタせず体力温存するのが正解では。無理すると免疫力が落ちますからね。私はお掃除を中断しました(笑)。

 

SNSで、「ブックカバーチャレンジ」が流行っていますね。好きな本を1日1冊、7日間投稿して、次の人にリレーするもので、私にも何回かバトンが回ってきましたが、性格的に無理なので断りました。やりたい人はやればいいと思うのですが。知り合いからなのでお付き合いもあるし、断り切れないかもしれませんが、もし気が乗らなかったら、時には断る勇気を! これも今回学んだことです。

 

以上、私のコロナ自粛の日々でした。では、皆さまお気をつけてお過ごしください。

・・・・・・・・・・・

 

ババア上等!悩み相談」では、あなたのお悩みを募集中!

 

【お悩み投稿のルール】

①宛先:toko@shueisha.co.jp  ←こちらまで!

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度【注意事項】以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

 

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

投稿お待ちしています!

 

・・・・information・・・・

地曳いく子さん×漫画家・槇村さとるさんのヒット作『ババア上等! 大人のおしゃれ DO! & DON’T!』(集英社)が待望の文庫化。

まさに迷えるOurAge世代のバイブル。読めば必ずポジティブになれる名著です。

<前の記事

<前の記事
第8回/仕事を続けていくのが嫌になったら?…

次の記事>

次の記事>
第10回/友だちがいない50代。この歳から作れますか?…

この連載の最新記事

Zoom会議の背景や服、どうすれば?

第11回/Zoom会議の背景や服、どうすれば?

友だちがいない50代。この歳から作れますか?

第10回/友だちがいない50代。この歳から作れますか?

地曳いく子さん、おこもり、どう過ごされていますか?

第9回/地曳いく子さん、おこもり、どう過ごされていますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル