OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/consultation/238208/

最近、ドキドキワクワクすることが見つかりません。

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

<お悩みその18>

ドキドキワクワクすることが最近見つかりません。このまま老けていくことを考えると何かしなくてはと思いますが、何をすればいいのかもわかりません。(56歳・パート・アルバイト・東京都)

 

<お答え>

私はたまたま50歳過ぎてからハマった日本のバンドでちょっとワクワクしていた時期があったんですが、実はコロナ禍になるちょっと前から、ご相談くださったこの方とまったく同じ状況になってました。だからお気持ち、すごくよくわかります。

 

若い人は、何をやっても面白いと思うんですよ。幼稚園の子って虫を見ても電車を見ても面白いじゃないですか。中学生とか高校生の頃は、何か新しいものに出会えばワクワクするし、恋愛対象を見つけてドキドキしたり、アイドルにハマったりもする。

 

だけどやっぱり、歳をとるということは経験を重ねるということですからね。経験を重ねていくというのはいいことでもあるけど、何を見ても「あ、これ知ってる」みたいに思っちゃうじゃないですか。ファッションもそうだと思うんですよ。今はまた90年代風が流行っていますけど、大人はもう経験してしまってるから、パッと見て「ああ、これ持ってるわ」ってなっちゃう。

 

だから、ワクワクドキドキが減ったというのはあなただけじゃない。みんなそうなんです。この年になると恋愛のチャンスも少なくなってくるし、本当にワクワクすること自体がないですよね。特にこの方は東京在住でしょ? コロナで厳しい自粛生活だったから行動がすごく狭まって、家にいることが増えて、テレビ番組やNetflixでさえコロナの影響であんまり更新されない。そうなると、新しいことに出会う機会も当然減っちゃうわけで。

 

きっとあなたは「ワクワクできない」ことに焦ってると思うんです。でも、焦らなくていいんです。みんなそうだから。年齢のせいだけじゃなくて、今は実際、そういう時代だから。せいぜいワクチンにドキドキするぐらいしかない(笑)。

 

だから私の場合はね、ワクワクの対象をすごく小さくしちゃったんです。例えば今だったら、ヒヤシンスの球根の成長が楽しみ。今朝見たら、ヒヤシンスの葉っぱがグイ~ン!ってすごく伸びててうれしかったの。いつもよりちょっと高い高級中国茶を買って、ちょっと丁寧に淹れてみるとかね。まあ老後の楽しみみたいなものですけど、老後の練習だと思って。

 

それとも、例えば新発売のアロマとか香水とかを買ってみる。マスクで口紅が見えづらいから、今まで口紅を買っていたぶん、違う方向に投資してみるんです。新色のネイル買っちゃうとか。そんなふうに、今まで経験したことがない“未開発部門”にお金を使ってみると、気持ちがアガります。すごくブワっとアガるんじゃなくて、ちょっとアガる。それが、老けないコツです。

 

もしかしたら今のこの状況は、また雨がやんで雲間が割れてピカ~っと太陽が差し込むかもしれないし、まだとうぶん曇りかもしれないけれど、今はとにかくそういう時なので、小さな楽しみの積み重ねで乗り切りましょう。全部シャットダウンしちゃうと本当に老け込んでしまうから、小さなことで、「ちょっと心が動く癖」をつけておく

 

これまでは時代も自分も、外に気持ちが向いていたと思うんですよ。キラキラしたものを探して。それで引き続き、今も何か大きいワクワクドキドキを求めてるんだと思うの。でももう、でっかいワクワクは狙わない! 小さい「ワク」ぐらいでいいから、それを身のまわりで見つけていきましょう。

 

 

 

イラスト/松元まり子

・・・・・・・・・・・

 

「ババア上等!悩み相談」では、あなたのお悩みを募集中!

 

【お悩み投稿のルール】

①宛先:toko@shueisha.co.jp  ←こちらまで!

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度【注意事項】以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

 

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

投稿お待ちしています!

 

・・・・information・・・・

 

●2020年11月26日発売『日々是混乱 これが私のニューノーマル』(集英社)

 

 

ホーム社の文芸サイト「HB」で地曳さんが連載した1年半のエッセイが一冊に。

 

「BBA(ババア)であっても新しい自分に出会うことをこれからの喜びにしたい」と、コロナ禍の中、時に悩みながらもポジティブ思考で綴ったエッセイにきっとあなたも勇気づけられるはず。地曳さんの暮らしが見えてくる、愛用のアイテムやお気に入りスポットなどの写真も満載です!

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第17回/すぐ「私なんて…」と言い出す先輩、どうしたら?…

次の記事>

次の記事>
第19回/コロナで人と食事ができない今、毎日ひとりで食事をするのがつらい……

この連載の最新記事

コロナで人と食事ができない今、毎日ひとりで食事をするのがつらい…

第19回/コロナで人と食事ができない今、毎日ひとりで食事をするのがつらい…

最近、ドキドキワクワクすることが見つかりません。

第18回/最近、ドキドキワクワクすることが見つかりません。

すぐ「私なんて…」と言い出す先輩、どうしたら?

第17回/すぐ「私なんて…」と言い出す先輩、どうしたら?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル